スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「悠久の詩壇」の遊び方らしきなにか

2013年01月28日 22:39

去年の秋から始まったUst番組「悠久の詩壇」で遊ぶようになって三ヶ月ほど。

詩を作ることに慣れてなくて、でも大喜利やるのと違う運動になっていいかなーという程度で始めたのがどっぷりと。

この前も公開放送でべろんべろんになりながら楽しんできたばかりというところ。

そんな中でちょっとずつ掴みかけていることをメモ代わりに残してみようかなと。



形式としては、ひとつの写真を題材に最後の一行を出演者でつくり、そこにつながるように詩を作っていく、といった感じ。

一行毎に作品を出していって、その中で一つ決めたり、出演者のフィーリングでくっつけたり離したり、みたいな感じ。



行の重ねかたっていろいろあるなーと思い始めてて。

絵を描くみたいに一行毎に描写を足していったり、物語を紡ぐみたいに流れを一行一行追ってみたり。

音だけにしてみたり、色だけにしてみたり。

優しく話しかけてみたり、思い切り突っぱねてみたり。

思ってることを言ってみたり、思ってないことを言ってみたり。

内面に迫ってみたり、外面だけを追ってみたり。

好きなのに嫌いだと言ったり、嫌いなのに好きだと言ったり。

淡々と重ねて行ったり、ノリと勢いまかせなだけだったり。



こうなった方が面白いかなーと思いながらも、そう都合のいいフレーズが出てくるとも限らないわけで。

その出ない加減にうんぬんしながらもえいやっと放り投げるかのように投稿してるようなもので。

私は他の方みたいなポエミーなフレーズを知らないもので、詩としては異端なものばかり放っている気がするけれど、

それはそれで面白いかなと思ったり思わなかったりで。



そ〜いうのがお好きな方は一度覗いてみたらいかがでしょうか。やってみると案外と楽しいものですよっと。

↓のサイトでアーカイブを観ることができます。

http://s2tream.tv/category/program/yukyu_shidan


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kogettya0613.blog67.fc2.com/tb.php/611-4737f562
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。