FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校サッカー観戦@準決勝2011

2012年01月09日 10:05

 久々にイチフナが国立の舞台に上がったときいて、十数年船橋市民だった私が行かないわけにもいかず、べんてん巡りのついでに国立までひとっとび。どうも、コゲチャです。

第一試合 市立船橋 2 - 1 大分
 べんてん経由で行ったため、前半15分あたりからの観戦でしたが、おいしい場面はきっちり( ̄ー ̄)ニヤリ
 イチフナは10番がポジションレスに動き回ってはボールを散らしたりドリブルで突っかけたり。アタッカーというより動き回るゲームメイカーって感じ…そして、ゴール前の攻防になれば、空いたポジションに入り込んでシュートを決める。前にポスト役や切り込み役がいるだけに、自ら飛び掛るというより味方に切り込ませてから止めを刺しに行くようなポジションだったような。4-1-2(1)-1みたいな感じだろうか。
 もとより守備組織がかっちりした上での少数精鋭なカウンターって感じのイチフナが、自分でボールを持つ形にシフトした格好に。センターバックは例年よりちょっと脆い気がするけど…
 大分は、時折目の覚めるようなシュートがあったけど、そこまで印象に残らなかったかな…二日もたってから書くとしょうがないか(;´∀`) ゲームメイクをやってた選手を欠いたともききますし、本来の姿ではなかったのでしょうけど…終盤に決めたヘディングはお見事でした。
CA3I0601.jpg



第二試合 四日市中央 6 - 1 尚志
 前半の真ん中くらいまでは均衡状態で、前に人をかけて細かくつなぐ尚志にカウンターをしかける四中って構図。どっちもシュート数は変わらない感じだっただけに、尚志が先制してたらまた違った流れだったろうけど…四中みたいなチームが先制して相手が前がかりになったらこうなるわな、という展開。
 尚志も繋げてはいたけど崩してはいなかったような…メッシみたいなスピードで切り込むというより、本田圭祐みたいに相手に押されながらも力ずくでシュートって感じだったかな。それでも力のあるシュートはあまりなく…。四中の守りが1対1に強く、また粘りを感じる対応で、そこにてこずってたかなと。
CA3I0609.jpg


イタリアvsブラジルっぽい感じの決勝戦…元船橋市民的には2-0で堅く勝ってしまう方に一票。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kogettya0613.blog67.fc2.com/tb.php/600-beeab8a8
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。