スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他人が作った世界にすがりつくだけの信者

2011年03月28日 00:13

自力で一から世界を構築する事を放棄したり、誰かが作った世界をそのままインストールして疑いもせずほっておいたり…そういう人たちの目って、にわか信者みたいな感じがする。

インストールした「誰かが作った世界」を構成するプログラムを解析したりいじる事で不具合を直したり…そうすることで徐々に自分のモノにしていく感覚ってあると思う。自分の働きかけに世界がどう応えるか。

自分の働きかけに「道具」がどう応えるか…車の運転を覚えるときの感覚。これくらいの力でブレーキかければこれくらい止まるとか、道具との対話を通じて覚えていく感じ…自分の手にしていく感じ。誰かが作った世界を少しずつ自分の言葉で書き換えていく感じ。

そのほとんどを自分の言葉で書き換えたとき、誰かからもらった世界を自力で作り出せるだけの力がついている…はず。まぁ、いろんな事が細分化されてマニアックな方向に突き進んでいる現代において、その全てを細分まで書き換えるにもはんぱない時間を要するだろうけど。

全てとはいわずとも、自分がその道具と接する中で最低限使う部分、接さざるを得ない部分についてモノにできていれば十分だろうけど。ちゃんと要求に応えてくれるなら、中身が鉄でもヘチマでも構わないわけで。

自分が普段接している道具がどういう理屈で動いていて、どこから動力を得ていて…みたいな事を知っておくと、道具が不具合を起こしたときにどうすれば直るかの道筋がイメージできるようになる。

うん、すごく当たり前な事を書いた。



こんな感じのツイートを今朝書いて、今さらながら浮かんだのが「守破離」だったりする。
またしても綺麗事言ったというか、自分の血肉にする前に放射能漬けにされたらたまらんというか…パニくると藁をもすがっちゃうのはしょうがないんですけどね。でも、毎度毎度藁にすがってしのぐだけだと永遠に前へ進めない気がするもので。
前へ進むには、自ら切り込んでいくしかない。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kogettya0613.blog67.fc2.com/tb.php/570-b8385f19
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。