スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きれいな形で泳ぐ

2011年01月04日 01:32

クロールで泳ぐ事自体が高校生以来になるのもあり、

去年の夏、久々に泳いだ時は手も足もただバタつくだけだったような(;´∀`)

そんなフォームだとがんばる割に前へ進まないし消耗も早い…50mプールの半分もやっとこさ、といったところ。

どこをどうすれば…と思いながら、一度プールをあがって泳者コースをみる。

腕をがんがん回して泳いでる人がいれば、あまり激しく動いてないのにすいすい進んでる人もいて。

その人を観察すると、いろんなヒントがみえてくる。

一瞬でも手足とも伸びきる時があること、バタ足をあまりがんばらなくてもよさそうなこと、水を掻いた手を前へ伸ばすようにする事で腕が伸びること、腰の回転と腕の振りを連動させる事で腕をスムーズに動かすこと…

それらを盗んでは自分の泳ぎに少しずつ組み込んで、自分の泳ぎを更新していく。

それを半年弱続けたおかげで、クロールも500mくらいはいけるようになった。

目標の1kmにはあと半分だけど、無理せず泳ぐ形はみえてきたから、あと二歩くらい更新できれば十分いける気がする。

それでも泳ぎの形としてはまだまだなところもあり…バタ足のリズムと上体の動きがイマイチあわなかったり、かっこいいターンがまだきっかけもつかめてなかったり、利き腕じゃない方での息継ぎがスムーズじゃなかったり…

これらをひとつひとつ自分の泳ぎに組み入れて、全身を無理なく使う泳ぎを模索する。

そうする事におもしろみを感じてきた事が、水泳が半年続いた理由なんだと思う。



もちろん、おなかの肉を減らす事や目の保養がないわけでも(ry


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kogettya0613.blog67.fc2.com/tb.php/561-b860d235
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。