スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校サッカー観戦@準決勝2012

2013年01月13日 11:45

 新年明けましておめでとうございます、コゲチャです。
 今年は特段思い入れのあるチームもないのですが、なぜか四連休中なのと、桐光学園の松井のロングパスにだけはテレビでみて惚れ惚れしたので、行ってみることとしました。

 第一試合 星稜 2 - 2 鵬翔 (PK2-4)
 CA3I02400001.jpg
 「青森山田を破った星稜」と「立正大湘南を破った鵬翔」しかデータがなく、からっぽな状態でみてましたが…みててスタイルがはっきり分かるのは星稜。横長の4-4-2、4-4でブロック作って守ってボール奪ったら前線の2目掛けて蹴ってのカウンター。ゆっくり攻めるときは横に動かして揺さぶってからのサイドアタック。先制点も右サイドを崩してからの低いクロスを、ファーに走りこんだ選手がフリーで受けて決めるといった、普段通りの形なんだろなーといった感じ。一方で鵬翔はなかなかスタイルがつかめなくて…4-1-3-2っぽい感じなのはわかるけど、ボール奪ってFWの10番にボールを預けるものの、すばしっこい動きでひとりふたり交わすのがせいぜいでハーフウェーライン付近で取られてしまう形がほとんど…でも、取られてからもしつこく追い回す姿は印象的。ハイエナっぽい感じ。あとは、ペナルティーエリア付近でドリブルしてファールもらってのフリーキックに自信があるようで。いつも三人くらいが絡むフリーキック、一本目と二本目はあれれ?な感じでしたが三本目の同点弾は圧巻でしたΣ(´∀`;) コースもよかったのですが、なによりスピード。ドーンと打ってずさっと突き刺さる感じで…こりゃ星稜も守りにくくなるやろなーっと。
 後半もスタイルを貫く星稜と、ワンタッチのパス回しなど徐々に見えてくる感じの鵬翔って感じで一進一退。どっちかといえば星稜の方がチャンスあったかな…でも1対1でふかしたり(;´∀`) それでも再び勝ち越す星稜。右サイドからのクロスが鵬翔DFにあたってゴール前に落ちたところを星稜の選手がボレーで決めるΣ(´∀`;)いつもどおりのサイドチェンジ→右サイドからのクロスといつもどおりの形で得点を決める星稜。対する鵬翔はまたフリーキックから。ハーフウェー付近からゴール前に上げたボールをヘッドでマイナスに返し、鵬翔MFの思い切ったボレーが突き刺さるΣ(´∀`;) 当時はバックスタンドの上の方で見てて、中立な感じのところでしたがこの流れにただただ感嘆するしかなく。「勝ち越すんだけど逃げきれない」か、「突き放されても食らいつく」か…ホントに草食動物vs肉食動物って感じ。この流れがそのままPK戦にも出てしまった…と。星稜は「左側に強くければキーパーがどうあれ決まる」ってスタイルを全員でやってた感じで、それが二人目まではうまくいったけど、鵬翔が失敗してからはそれが力みにつながってしまった様で…。なんかジェフをみているかのよう(;´∀`)
 鵬翔は…なんか不思議なチーム。でも、個々の粘っこさというか、ハイエナみたいな前線プレスは驚異になってたし、そこでファールもらえればあのフリーキックがあるわけで。相手がハマってくれれば…って感じなのかな。

 第二試合 桐光学園 0 - 3 京都橘
CA3I0241_20130113104247.jpg
 「要所要所にタレントがいて、それらが上手に組合う桐光学園」と「とにかく2トップがすごいらしい京都橘」。桐光学園は前の作陽戦をみてて、なるほどこりゃ確かに個のレベル高いわーと思ったけど、メインの形封じられると弱いかな…ゴリ押しで行くしかないかなーという印象も。対する京都橘はこれが初めて。ジャズブラバンがノリノリ。
 試合始まって思ったのは、京都橘の2トップは確かにすごかった。点取り能力がすごいというより、一人だけでも攻撃を作れるという意味ですごい。二人とも中盤に下がってボール触りに行ったり運びに行ったり、そしてゴール前ではフィニッシャーになるわけで。その絡み方も含めてレベル高かったなーと。先制点にしても、ミドルシュート以外はあの二人で作ってるわけで。それができるから残り八人は守りに集中できるんだなと。
 実際守りもしっかり対策してた感じで…桐光FWが切り返しで一人交わしても脇からもうひとり出てきてシュート打てなかったり、松井にボールが入ったところで中盤の二人が素早くプレスに回ったり…抑えるべきところを抑えてたような。スピードで切り込める桐光MF橋本もほとんど形作れませんでしたし…。力づくでシュートを打っても威力がなく、ロングスロー連発もかえってそれで一本調子になってしまったようにも(;´∀`) 作陽にゲームを支配されてた時の桐光学園って感じでしたなぁ。それだけ京都橘の守りが整理されていて、そこに人数を割けるだけの攻撃のクオリティをあの2トップが持ってたわけで。こーみるとカウンターのチームだなーとも。
 松井のロングパスもちょいちょいは見れたけど、あまり自由になれなかったかな…という感じで。

 今回は「ボールを持つチームvs持たせるチーム」の構図で、どっちも持たせるチームが勝っちゃったから、決勝はどうなるんだろうなーと(;´∀`) ダチョウ倶楽部ばりにボールの譲り合いから始まるんとちゃうかと思ったり。二試合見た感じだと京都橘が優勝しそうな気がする。あの2トップは一歩抜けてる感じがする…でも、あの不気味さのある鵬翔ですしねぇ…。
 予想としては、京都橘 3 - 2 鵬翔 ってところで。面白い試合になることを願ってますわー
スポンサーサイト

高校サッカー観戦@準決勝2011

2012年01月09日 10:05

 久々にイチフナが国立の舞台に上がったときいて、十数年船橋市民だった私が行かないわけにもいかず、べんてん巡りのついでに国立までひとっとび。どうも、コゲチャです。

第一試合 市立船橋 2 - 1 大分
 べんてん経由で行ったため、前半15分あたりからの観戦でしたが、おいしい場面はきっちり( ̄ー ̄)ニヤリ
 イチフナは10番がポジションレスに動き回ってはボールを散らしたりドリブルで突っかけたり。アタッカーというより動き回るゲームメイカーって感じ…そして、ゴール前の攻防になれば、空いたポジションに入り込んでシュートを決める。前にポスト役や切り込み役がいるだけに、自ら飛び掛るというより味方に切り込ませてから止めを刺しに行くようなポジションだったような。4-1-2(1)-1みたいな感じだろうか。
 もとより守備組織がかっちりした上での少数精鋭なカウンターって感じのイチフナが、自分でボールを持つ形にシフトした格好に。センターバックは例年よりちょっと脆い気がするけど…
 大分は、時折目の覚めるようなシュートがあったけど、そこまで印象に残らなかったかな…二日もたってから書くとしょうがないか(;´∀`) ゲームメイクをやってた選手を欠いたともききますし、本来の姿ではなかったのでしょうけど…終盤に決めたヘディングはお見事でした。
CA3I0601.jpg



第二試合 四日市中央 6 - 1 尚志
 前半の真ん中くらいまでは均衡状態で、前に人をかけて細かくつなぐ尚志にカウンターをしかける四中って構図。どっちもシュート数は変わらない感じだっただけに、尚志が先制してたらまた違った流れだったろうけど…四中みたいなチームが先制して相手が前がかりになったらこうなるわな、という展開。
 尚志も繋げてはいたけど崩してはいなかったような…メッシみたいなスピードで切り込むというより、本田圭祐みたいに相手に押されながらも力ずくでシュートって感じだったかな。それでも力のあるシュートはあまりなく…。四中の守りが1対1に強く、また粘りを感じる対応で、そこにてこずってたかなと。
CA3I0609.jpg


イタリアvsブラジルっぽい感じの決勝戦…元船橋市民的には2-0で堅く勝ってしまう方に一票。

初豊田スタジアム

2011年05月22日 09:00

P1000617.jpg

名古屋に着たからには一度は行かねば( ̄ー+ ̄)キラリ、どうも、コゲチャです。
グランパスの主催試合が豊田スタジアムで行われると聞き、2時間半自転車こいで豊田市までo( ̄ー ̄\)☆ミLetsGo!!
テレビでみてリッチそうなスタジアムだな~と思ってましたが、それを裏切らない外観!
さすが2002W杯開催時に立てられたスタジアム…あのホームズスタジアムに勝るとも劣らないでかさ。5階建てくらいあったでしょうか。TOYOTAのスタジアムやな~と。

P1000623.jpg

P1000619.jpg

これあたりがバックスタンドかなとカテゴリー3b(?)というチケットを前日に買ったのですが、いざ着いたらホーム側のコーナーΣ(´∀`;) ここで3500円…フクアリより高いような。
割とシンプルで丸みを持たせようとしたフォルムって感じ。スタジアムから突き出る角はカシマスタジアムよりも少なく、鹿よりも牛って感じで。
ホームのゴール裏には屋根がついてて、ピッチへ向かうほど高くなっていて音響効果もあるのかなと。屋根のないアウェー側よりもグランパスの応援が響いていたような…まぁ、あの席だったのもありますが。それでも、柏バカ一代はしっかりきこえてきたような。

P1000631.jpg

P1000634.jpg

試合のほうは、グランパスに不運な感じの0-0でしたが、気づいたところを箇条書き。
○両者4-4-2ながら攻めの形が互いに違ってて、ボールの周りに人を集めて少ないタッチで細かくつなぎながら、相手陣内に入ってからはFWやサイドバックへのスルーパスで攻め込む柏、ロングパスを多用して相手を散らし、間合いが出来たところで1対1を仕掛ける名古屋。全体的には柏が攻める時間が長かったものの、闘莉王の攻め上がりや正確なロングパスは印象的だったなと。藤本も時折フェイントかましてクロス上げたりするものの、回数は少ないかなとか。
○主審が序盤から景気よくイエローカードを出しすぎてたような。柏のあの痛がり方が九割演技だということをスカウティングしてこなかったいい証拠かと。散々痛がった割に怪我人が出なかった柏、朴訥に突っ込んで怪我人が二人出た名古屋…。うち一人が交代で入って間もない選手、もう一人は交代枠を使い切ったあとのセンターバックという不運(;´Д`) 実質10人の状態でよく耐え抜いた…という感じの0-0でした。

P1000635.jpg

試合終了後、名古屋ゴール裏から痛烈なブーイングが。あの状態で0-0に持ち込んだとしても、彼らは満足しないのか…これが王者というものか(゚д゚)!と思ったのですが、

P1000636.jpg

選手たちが来た頃には盛大なる拍手で。
あのブーイングは審判団に向けたもののようで…なんとなくデジャブが。

P1000638.jpg

P1000642.jpg

玉田は死んでない、ジュニーニョは…?

2011年04月30日 07:51

「庶務系の仕事となると訂正印必要になりそうやな…栄に店ありそうだから、ちょいとチャリでいってみるか。」

「あてにしていた4店全滅(ないorGW休業)かよΣ(´∀`;) こうなるとでかい店に行くしかないか…名古屋駅の高島屋かなぁ」

「高島屋にハンズがあろうとは…訂正印ゲット( ̄ー+ ̄)キラリ 時間も中途半端だし、日本ガイシのプールで泳ぐか…」

「Σ(・∀・|||)ゲッ!!18時に閉まるとなると、一時間も泳げないじゃん…ここまできたんだし、瑞穂に寄るか。」

昨日、瑞穂運動場に至るまでのプロセスはこんな感じだったような…

CA3I0079.jpg

グランパスvsフロンターレ、前節負けて連敗は避けたい同士。フツーに好カード。あと、ホーム開幕なのもあり、14000くらい入ってたようで、私がいたバックスタンドは八割近い入りでした。私はどっち寄りでもないので、気づいた点をさらさらと。

○4-4-2っぽい感じのフロンターレ、とにかくラインが高い。守備時で最終ラインが敵陣に入るくらい。そして前の選手がボールに複数寄って来る感じ。プレッシャーに晒され横や後ろにパスせざるを得ないグランパス、その横パスをさらってショートカウンターをしかけるフロンターレ…といった光景が、前半と後半の初めまで見られるように。山瀬や登里のスピードに乗ったドリブルが効いててエグイまでのスピード感…ただ、フィニッシュが枠に飛ばない。FWの矢島も個で崩しきれない模様。名古屋の大きいCBがしっかり張ってたのもあったけど。
○前半途中で怪我により稲本が抜け、その影響で中盤前目から後ろ目(ボランチ)に下がった中村憲剛、中盤でのショートパスにうまく絡んで前に運んだり、中距離のパスをあっさりと決めたりとなかなかの活躍。ただ、今のフロンターレに縦の意識が強い分、幅が作れないというか…化け物3FWにパスを散らした以前と比べると、前の選手が散らない分横のレンジが限られてて、その分グランパスにカットされてたような。登里がいた前半は、彼がサイドから切り込んでいたので幅を広げる口になってたのですが、後半登里に代わって入ったジュニーニョが、カウンター時にそこまで前を走る感じでなく…。
フロンターレのプレスにペースを握れなかったグランパス、それでも1点をとってしまえるグランパス。後ろからのロングパス→ケネディが収めて後ろに落とす→玉田のビューティフルボレーといった先制点を思い出す度、こーいうのが個の力ってやつかぁと。それ以外はセットプレーしかチャンスを作れてなかったのですが…こーいう点のとり方が出来るのが、強みなんだろなと。二点目は、後半も終わりのほうでフロンターレのプレスも落ちたところでの速攻だったような…流れは先制点と同じくケネディ→玉田だったものの、玉田の切り替えし&冷静な右足(効き足でない)の流し込みは、フロンターレに唯一欠けていたピースだったようにも。結局、玉田復活祭という感じに試合終了。
○怪我で金崎を欠いたグランパス、その中で復活した玉田に注目してましたが…十分玉田らしいプレーができてる印象で。中盤に下がってボールを散らしたりドリブルで持ち上がったりなゲームメイクは藤本のお株を奪うプレー振りで、逆に藤本の居場所がなくなってたような(;´∀`) 金崎が復活したら藤本に代えて玉田でいけるんじゃね?と思わせるプレーぶり。文句なくマンオブザマッチでしょう。あと、よくゴール前まで攻めあがるも肝心のフィニッシュが雑だった薩川も印象的でした。左SBに入ったアレックス、走りあいに持ち込まれることなく、上手さで貢献してたなぁと。
○一方で、後半から入ったジュニーニョにも玉田と同じくらい注目してましたが…ボールタッチの細かさはあるものの、以前みたいな相手を何人も抜き去る感じのキレは見られなかったなと。密集している状況でも強引に隙間をついてくるのがジュニーニョってイメージだったのですが…まだ体がフィットしてないのか、あれが現状の最大値なのか…。
○グランパスは個で点が取れる限りは順調に勝ち点稼げそうだな~という印象、フロンターレは誰か一人フィニッシャーとして覚醒しないとせっかくの運動量も報われないかな、という印象でした。

CA3I0082.jpg
CA3I0084.jpg
CA3I0085.jpg
CA3I0087.jpg

初瑞穂運動場、初ACL

2011年04月08日 07:12

CA3I0052.jpg

名古屋に引っ越してからやっとの初エントリ。コゲチャです。
日曜に着たばかりでまだ一週間も経ってませんが、でっかい町に来たなぁ~という印象です。
十階建て以上のマンションがずらっと立ち並び、ちょいと歩けばナゴヤドーム、地下鉄がピーク時に2分おき、網が細かすぎてどこへ行くんだか分からないバス、何気に多い寺、そして坂…福井のコンパクトな感じが懐かしく。
自転車買ったらあちこち出かけたいものです。

水曜に瑞穂運動場グランパスの試合があると聞き、職場を出てから地下鉄に乗って運動場へ~(┌  ┌  ┌  ´Д`)┘瑞穂運動場西という駅からしばらく一本道を歩いて、試合開始30分前に到着。
ホームのゴール裏はぎゅうぎゅう、私が座ったバックスタンドは7割くらい、メインは↑の写真くらい、アウェーのゴール裏は数人のFCソウルサポ。かつて千葉マリンでみた二軍の楽天戦での楽天ファンって感じ。

さて、試合の方は…緒戦を落としているグランパス的には勝ち点3が欲しい試合だったろうけど、両者を見ると順当なところかな、という感じに。以降箇条書き。
グランパス…守備時は4-4のブロックを作ってて、攻撃時は横長というか、前目の逆サイドに誰か一人がいる感じ。そこに永井だったり金崎だったり。自陣でボールをまわすときは一人飛ばす感じのサイドパスが主で、それがよく通るΣ(´∀`;) ちょうどいい長さのパスが走り、それをちゃんと受ける…かつてみたジェフと比べちゃいかんわなと思いつつ。あーいうパスをまわすのにも訓練がいるんやなと思ったとか何とか。
・前半はグランパスがよくボールを持ってたけどラストパスって所まではなかなかいかず…ケネディ目掛けてのクロスというより外から中に入ってのミドルシュートって感じ。相手のFCソウルは短いパスをテンポよくつないで右サイドからクロスを上げるも名古屋CBの跳ね返される感じで。
・そんな中、FCソウルのコーナーキックからのカウンターがゴールに。自陣からのロングパスを相手と競り合いながらトラップした永井が、そのままゴール前へ突進し、GKとの1対1を落ち着いて決める…オーウェンかっΣ(´∀`;) この一点のみで前半終了。
・後半はFCソウルのプレースピードが上がった感じで、それに徐々について来れなくなるグランパスって感じに(;´∀`) ルーズボールもFCソウルに取られてボールを支配されるようになり…それでも闘莉王・薩川のCBが跳ね返し続けてたのですが、右サイドから止めようもないミドルシュートが突き刺さりまして(;´∀`) これで1-1
・同点にされてから攻めにシフトするグランパス…永井が前に切り込んだり、次第にケネディへのロングボール、しまいには闘莉王が前に残ってのロングボールと前に圧力をかけるものの、わずかにタイミングが合わず、1-1でタイムアップ。
・前半は自分達のペースで運べてたものの、後半は相手のテンポアップに頭がついてこれなくなってて…ブランク明けの影響かなと思ったり。それにしても永井はすごかった…

CA3I0056.jpg


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。