スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テキトーにボケてたら選ばれてました∑(゚ω゚ノ)ノ

2010年06月21日 19:35

昨日こんな感じのエントリを書いた直後、私のつぶやきが”技ありセレクト”なるものに3つも選ばれていたようです∑(゚ω゚ノ)ノ

正直テキトーにやっただけのものでビックリですが、選んだ方にとって(ノω`)プププとくるものだったら、それはそれでよかったかなと( ´ー`)

…ということで、昨日のお題『「ポルカボワセス」を使った例文を教えて下さい。』へのつぶやきを全て残しておこうかなと( ・∀・)アヒャ

・古池や ポルカボワセス 水の音

ポルカボワセスに向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、ポルカボワセスが発達しやすい状況が続いています。

・「わが巨人軍は永久にポルカボワセスです」

・今日は第3ポルカボワセスだから…燃えるゴミの日か。

・ねぇ、そこのポルカボワセス取って。

・今日人類が初めて、ポルカボワセスに着いたよ。(着いたーー!!)

・この日のイチローはセカンドゴロ、ショートゴロ、サードゴロ、ポルカボワセスと打ち取られ、4打数無安打。

・「ゆうこりん自身は、今ポルカボワセス中?」「イヤ、全然違います。」「でも、濱口さんとはポルカボワセスを…」「会見中止しまーす!!」 

・焼きポルカボワセス 揚げポルカボワセス 蒸しポルカボワセス

・キャンディーズ「私たち、普通のポルカボワセスに戻りたい!」

・ダルビッシュが投じた渾身のポルカボワセスに、イチローはえもいわれぬ身震いを覚えたという。

この中のどれが選ばれたかは、こちらからご覧いただけます。

他の方のだと、

・肴はあぶったポルカボワセスでいい。(O_Mizutaniさん)

と、

・「ド、はドーナツのド。ポ、はポルカボワセスのポー。」 (domino613さん)

が好きですな( ・∀・)アヒャ
スポンサーサイト

ボケ防止のために、ボケる

2010年06月20日 13:42

最近「ついったー大喜利」のお題に対して返しのボケをつぶやいてるのですが、

この手のボケは、数をこなすほど引き出しが増えていく感じがしていいっすねぇ( ´ー`)

別に大笑いするモノを狙うこともなく、とりあえずの思いつきをつぶやく。

一つつぶやいたところで、「そういや、これもネタに使えるなぁ」と何かを思いつく。

それをつぶやいたところで、「そういや、これも…(以下略

また、ハッシュタグやtogetterのまとめにあるボケからまた引き出しを増やしたり。

ツイッターみたいに手軽に投稿できるものにはうってつけの企画やなぁ…と思いました。

ツイッター:ブログ=メモ帳:モノオキってイメージ

2010年05月17日 07:39

ツイッターをメモ帳っぽく書き流す感じで使っていると、そこと比べてブログは物置っぽいポジションだわなぁ…みたいなことを再認識したといいますか。

ツイッターで「詳しくは昔書いたコレ読んで」って感じにブログを引用する手もありますし…あっちだと人のつぶやきに対してつぶやき返す事があるもので、140字で収まらない時に昔書いたエントリのリンクを張って、そっちを読んでもらう方が手っ取り早いと。

一方でツイッターに書いたメモ書きを「●●に関して思うこと」って形に結晶化してブログに残す方は…最近さぼってたかしらんと(;´∀`)

ブログ=モノオキの細かいところは前に書いたイメージどおりって感じなので、昔のエントリをどうぞ( ・∀・)アヒャ

「小田あさ美のツイートジョッキー」感想文

2010年05月04日 00:03

eye22さんのツイートから知った「小田あさ美のツイートジョッキー」を初めて見たのですが、

昔聞いたAMラジオっぽい懐かしさというか親しみやすさというか…

そんな感じがして、なかなかよかったなぁと思いました。

AMラジオの親しみやすさ+キュートなビジュアル+ツイートをネタにしたパーソナリティとリスナーの双方向なやりとりって感じの番組で、ラジオ好きな人には入りやすい雰囲気かなと。

近頃のUstは高尚なネタばかりって感じなので、こういう方向の需要はそれなりにありそうな気がします。

最終的にどこを目指しているのかがイマイチ頭に入りきらなかったのですが、今後の展開含めてオモシロそうな雰囲気があるなぁ、と思いました。



…っと、こんな感じにこそっと書くだけではパーソナリティのお二人には届かないでしょうけど、まぁそれならそれで( ´ー`)y-~

ドラマ見ながらUst見ながらツイート打ちながらな木曜22時

2010年04月16日 13:25

思えば「プロポーズ大作戦」以来ろくにテレビドラマを観てこなかった私が「素直になれなくて」というドラマを一応は一話まるまる観きったわけで…twitterもたいしたものやなぁと。まぁ、片手でノイタミナの生配信Ustreamみながらツイートも打ってたもので、どっちも中途半端ですが( ・∀・)アヒャ

その時に打ったツイートを時系列で。

『ツイッタードラマみながらみます!』
Ustのほうへのツイート。あっちのタイムラインは流れが速くて追うだけでもゼーゼーきてしまう感じでしたが、意外とドラマ見ながらみてます!的な発言はみられなかったなと。片や”トレンディドラマ”片や”アニメ・マンガの表現規制”となると客層が違うのも当然でしょうけど。

『片方で性行為についての論議、片方で主役のツーショット』
前者はノイタミナ、後者はトレンディドラマ( ・∀・)アヒャ

『「一度走るところまで走った後の光景が想像つかない」ってのがごく普通のどうt(ry』
こちらはドラマみながらのツイート。おいおい一話目にしてベッドシーンかよ的な映像後かなと。走りきった後に待つのは世界の終末でしかない、という思い込みを保持していられるのは走りきったことがないからだべなと( ・∀・)アヒャ

『実際に勇敢だったという言葉がでてくるものだろうか…でてくるのがリア充って人種なのか…』
フツーの会話で勇敢って言葉を聞いた覚えがないような(;´∀`) まぁ、フツーのようでいてどこかでフツーを越えてくるのがフィクションってやつでしょうけど。それか今時のリア充様は”勇敢”という言葉を当たり前に使ってるんでしょうかね…(。-`ω´-)ンー

まぁなんというか…ちらちら見てたおかげでtwitterの登場シーンをすっかり見落としてしまったり、やはり第一話だけあって伏線ひきまくりんぐやなぁとか、disりツイート連発な方々は何を期待して観てたんだろうとか、それなりに楽しめた祭りではあったかなと。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。