スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨明け色の空

2010年07月17日 23:18

梅雨明けの発表早々、猛暑日にあと一歩まで迫った福井市。

正午のNHKのニュース、熊谷や多治見や京都といった全国の強豪を押しのけ福井市の気温が字幕に現れているのを見て、なぜか(((( ;゚д゚))))アワワワワとしたような。

福井で南寄りの風が吹くと、山越えになることでフェーン現象らしきものが起きるとかなんとか。

そんなこんなで三連休も普通にお仕事な私は、帰りがけにいつものスポットへ。

IMG_1185.jpg

IMG_1186.jpg
すくすくと育つ稲。

IMG_1188.jpg
今日の綿は昨日のよりだいぶ控えめ。

IMG_1189.jpg
その綿をとり囲む、ひらひらな

IMG_1194.jpg
首を90度まわすだけでがらりと変わる姿。

IMG_1195.jpg
水蒸気が氷になっただけ、たったそれだけの事がこれだけ複雑な表情を作り上げているんですよねぇ。
スポンサーサイト

なんどもいうよ これはたしかに なつのおおあらし

2009年12月15日 02:03

ふとした用事ができたもので、夜勤明けだった昨日のうちに上京してみたのですが…

晴れとにわか雨がコロコロ入れ替わるお天気で(;´∀`)

まぁ、そのおかげでこんな写真が撮れたというもの( ̄ー ̄)ニヤリ

niji.jpg

を目指す恐竜って図式でしょうか( ・∀・)アヒャ



電車に乗って南下する途中、相当発達していそうなの近くを通る。

どこからどうみても”今まで見た事のある冬の雲”じゃない…

って、夏でもここまでのスケールのはなかなか…

デジカメ構えつつも、の壮観さにただ見とれてしまうばかり。

遠くの稲光も何度かみたような(;´∀`)

IMG_0432.jpg

と雲との隙間からこぼれる日差し…

雲が作る暗のおかげで、日差しもここまで神々しくみえてしまうものかな、と。

IMG_0438.jpg

片や青空、片や嵐…

冬場でここまでメリハリの利いた空を見る事になろうとは…北陸恐るべし(((( ;゚д゚)))アワワワワ

ママチャリでの山道攻略はつらいっすね(;´∀`)

2009年11月23日 22:35

久々の秋晴れだったもので、いつものママチャリで遠出してみる事に。

当初目的地としていた運動公園に、思いのほかあっさりと着いてしまったもので、何か物足りないものを感じまして…

そうだ 海岸、いこう( ´ー`)y-~

「うみへ~いこうランララン、うみへ~いこうランララン」(元歌はコチラ

田んぼと山しかない道を黙々と漕ぐこと一時間、やっと海岸の残り距離を表示する標識を見つける。

( ゚д゚)…16キロ!?

徒歩ならともかくチャリで16キロならどうにかなるべ…ただ、急がないと日が暮れるか(;´∀`)

気持ち急ぎ目にチャリをこぎこぎ。

ゆったりしたペースで1キロずつ減っていく標識の残り距離。

残り10キロまでいったところで、落とし穴が待っていた。

( ゚д゚)…明らかに山道やん!?

もはや「エンジン付き車以外ご遠慮願います」と言わんがばかりの登り坂。

とりあえず根性丸出しで立ちこぎするも、坂の半分あたりで両膝がギブアップ ̄|_|○

ムリして行けなくはなさそうだけど…今日中には帰れなさそう(;´∀`)

あっさりギブアップして、ぷらぷらしながら帰る事に。

IMG_0313.jpg

同じ緑といっても、木々によって微妙に違うもんだわなと。
そういや、「人工色ばかりみないで、天然の色を観る事も大事ですよ」なんて言ってた先生もいたっけか…
RGBだけでは表せないなにか…
まぁ、この写真についてはデジタル化している時点で人工色と化してるんでしょうけど(;´∀`)

IMG_0323.jpg

川に中洲があるのを見つけまして。
こればっかりは人工でつくれんよなぁ…と。
カルガモの集団がいたり、シラサギみたいな鳥がいたり、ここの川はまだ生きてるんだろうなと。

sakasa.jpg

山々の間からのぞく綿
妙にもやもやっと見えるのは気のせいかしら、と(;´∀`)

夜の雲

2009年11月04日 01:06

「先輩、なんであのなのに見えるんでしょう…自体はは光らないのに」

「地上の灯りがある所だけじゃないかな、見えてるのは…ほら、あのパチンコ屋のまわりはよく見えてるけど、そこから離れるにつれ見えづらくなってるでしょ」


電灯のおかげでどんな中でもある程度の明るさが保障されている現代ですが、

電灯が普及する前だと、は見えていたのだろうか、と。


が出ているときには、のまわりは見えてたんでしょうけど、

が隠れる時…新の時はどうだったんだろう、と。


星が見えるかどうかでの有無くらいは確認できるとしても、

現代みたいにの底のかたちが確認できるくらいに見えていたんだろうかな…と。


の底が確認できるくらいに明るいなものだから、幽霊みたいな儚い存在が昔より見えづらくなってるんじゃないかな…なんて事を思ったまでですが(;´∀`)

北陸は 寒くなっても こんな雲?

2009年10月11日 05:13

IMG_1993.jpg

目が覚めたら晴れ間がそこそこ広がっていたので、

ここぞとばかりに洗濯物を干してから、ヤンキースの試合を観てたところ、

ふとベランダの方から「サーッ」って音が耳に入りまして。

(。´д`) ン?と思いながら外を見ると…

底黒い積雲と、弱い雨がΣ(´∀`;)

IMG_1994.jpg

IMG_1995.jpg

IMG_1998.jpg

IMG_2000.jpg

長袖2枚は羽織らないと寒い感じだったのですが…

それくらいの気温でもこれほど盛大にもこもこな積雲がみられるのが、

北陸の冬というものなのでしょうか、と(;´∀`)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。