スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる気のみせ方を数式化すると、

2009年12月13日 14:46

やる気をみせてみろ!!」と言われた時のやる気のみせ方ですが…簡単に数式化すると、

方向性×エネルギーやる気を出した結果(目標)

といった感じでしょうか。



例えば、テストでいい点を取ることを目標とした場合、それを成すためにどんな準備が必要かを考えるのかなと。

「ここを抑えればいい点がとれる」と思うポイントを絞り、それをモノにするための手段選択肢を考える…暗記することだったり、問題を解く事だったり…

いくつか手段が浮かんだところで、選択肢の中からどの手段が一番有効かを考える…単語テストならひたすら暗記なんでしょうし、数学のテストなら問題を解く事が効率いいんでしょうし…

一番有効な手段を選択したら、あとはそれをひたすらやるのみ。それにひたすらエネルギーを注ぎ込むのみ…やってる内にその手段があまり効率的でない事に気づいて、別の手段に切り替えることもあったり…

それなりに絞った方向に向かって、それなりにエネルギーを注げば、それなりの結果は出てくるものかなぁと。



絞った方向がずれたせいで、時間をかけて準備したところが数点分しか出題されなかったり、

他で忙しくて準備にエネルギーを注げなかったせいで、10ある内の2しか覚えられなかったりって事はあるでしょうけど…

そんな時に

「目的を達成するのにこーいうやり方にこれくらいのエネルギーをかけてみたけど…頑張る方向性が違ったことにやってて気づいた」

とか、

「(前略)…80点くらいとるにはもっと覚えないとダメだった」

とか言い訳ができる状況を作っておけば、とりあえず大やけどはしないのかなと。



一番言い訳がきかないのは、上記の数式に示した要素二つのうちどちらかが0になる事でしょうか(;´∀`)
スポンサーサイト

思いついたはいいが使い方が分からない

2009年11月01日 21:26

ふらふら歩いている時に、ふと頭の中に現れてきた言葉の羅列…

でも使い方が分からない(;´∀`)

そんな”ただ思いついただけの言葉”を暇を見て残していこうと思います。

要するに物置日記っと((φ(・д・。)

(新たに追加された言葉を太字にしてあります)


「同じ4でも1+3と3+1とでは違うんだよ。」
(2009.05.02)

「がんばったことをよしとする見方、いい出来栄えをよしとする見方」
(2009.05.02)

「慌てたいときに慌てておけばいいんじゃないの?」
(2009.05.02)

「( ゚д゚)ハッ! インディアンカレーでダブル(二人前)頼んでる人初めて見た!!」
(2009.05.13)

「( ゚д゚)ハッ! インディアンカレーで全卵頼んでる人初めて見た!!」
(2009.05.13)

指針という”ものさし”が定まっているのなら、FAQには”ものさしの使い方”を示すべきだろう」
(2009.05.19)

「酔っ払ったときに浮かんだ何かは、酔っ払ったときにしか表せない、たぶん。」
(2009.05.26)

「割りこんでくる輩に慈悲なんてものは必要ない、よな」
(2009.05.29)

「敗者をわらうものは勝者にわらわれる運命にある…いいんじゃね、それを承知でわらうんなら」
(2009.06.11)

「ゴール前を固めてくる相手に対し、ひたすらゴールに向けて砲撃をし続けるか、ゴールの遠いところから「獲れるものならとってみな」と嘲笑うか」
(2009.06.27:ウイイレ語録より)

「1対1で当たりに行くか、かわしに行くか…人に渡すパスか、場所に置くパスか」
(2009.06.27:ウイイレ語録より)

「今の敵を狙うな、数手後の敵を狙え」
(2009.06.27:ウイイレ語録より)

「人を抑える守備と、空間を支配する守備」
(2009.07.10:ウイイレ語録より)

無駄な結果に終わる事はありうるとして、無駄が目的になる事はありうるだろうか」
(2009.07.26)

「ひとつの選択肢をつぶす守り方と、いくつかの選択肢を難しくする守り方」
(2009.08.29)


「ここでなぞなぞをひとつ、
”暇で仕方なかった奥さんが逆立ちしたところで思いついた、五文字の料理ってなんだ?”」
(2009.11.01)

こたえは「ひつまぶし」。”ひつまぶし”の”つま”が逆立ちすると”ひまつぶし”…というちょいと逆説的な感じで(;´∀`)

エッジで勝負するタイプorバランスで勝負するタイプ

2009年10月29日 17:36

スポーツの選手って、おおざっぱに「エッジ」で勝負するタイプと「バランス」で勝負するタイプに分けられそうだな…と、思うところがありまして。

分かっていても止められない武器を押し出してくる、解の出し方が限られているというより、自分の得意技さえだせれば勝ててしまうタイプと、
複数の技を使いわけて相手のバランスを崩す、解の出し方をいくつも持っていて、どの選択肢で来るかと相手を迷わす事に長けているタイプ。

高校時代に「彼のドリブルは誰にも止められない」と言われた選手が、プロに入ってから名前を聞かなくなるパターンって、高校時代では「あまりに凄すぎて対応できない」と言われたドリブルがプロの世界だと「当たり前レベル」に過ぎなくて、「プロでも凄すぎるレベル」に到達できず、かといってドリブル以外の技を磨いて「ドリブルかパスか」みたいに駆け引きするような選手にモデルチェンジする事もできずに、プロの世界から弾かれていく感じのような。
(その逆パターンで、高校時代は駆け引き上手で名を馳せた選手がプロ入りすると、どの選択肢でも通用しなくて勝てなくなるケースもありそうな)

エッジ」で勝負するタイプなら、おのれのエッジさを証明づける武器をただひたすらに磨くのだろうし、「バランス」で勝負するタイプなら、自分の持ち武器を磨きながらも、どうすれば相手のバランスを崩せるか、相手を迷わせることができるかを考えるのだろうな、と。


観ててつまらないは「バランス」で勝負するタイプで、読んでつまらないは「エッジ」で勝負するタイプなのかな、と思ったり…片方はただ観ているだけじゃどこが良いんだかよく分からなくて、もう片方は「彼のドリブルは相手の守備陣を切り裂いた」としか書けなくて。

今の職場に2年間いた印象

2009年09月18日 07:43

リサイクルショップにいくつかの電気機器の引き取りを依頼した後、テキトーにネットをみてると
「レベル1で最強装備させると、どんな感覚なんだろう?」
という2ちゃんのスレを見つけまして…
今の職場の感覚にかぶるなぁ、と思うところが(;´∀`)

2年前、で働いてた時に今の職場への異動を聞いた時は、
「いずれ行ってみたいとは思ってたし、希望を出しても簡単には通らないだろうし…いい話なんだけど、あまりに早すぎないかな」
と思った節がありまして。

いろんな調査研究やアプリケーション作成ができたり、いろんな部署への技術的な指導を行ったり、中規模の組織をしきったり…こんな事、小さなところしか経験がなくて、かつ大した実績も残せてないレベルの人間には不釣り合いだろ、なんて思ったりも(;´∀`)

今の職場にきた当初は、いろんな事に打ちのめされた覚えが…
まわりは”やはり”できる人ばかりで、まわりはできるのに私だけできなくて遠回りして…調査関係の打ち合わせだと何語で会話しているのかすら分からず(…まぁ、一応日本語のみですが(;´∀`))、即座の反応を求められる時も、その背景にある方針や思想を理解してなくてトンデモな反応をしてしまって周りの足を引っ張ったり…
ただ、そこから学ぶものがいっぱいあったといいますか…この職場の業務がどのような背景のもとに行われているのか、とか、今後はどのような形式をとるべきなのか、とか、同じデータをとるにもいろんなルートがあるんだな、とか…

たぶん、高レベルな人がばりばりに自己実現して、さらなるステージへのステップの場にするにはちょうどいい職場なんだろうな…と。
今の私には、それを生かしきるだけの技術と意欲に欠けてたなと…でも、低レベルな人間がまわりに合わせようと必死こいてダッシュしつづけた経験は、後々何かで生きるかな、と思ったり。
今、担当している業務でつかう指針にしても、どういう背景で出来上がって、どういう履歴を経てきたものか、という部分はおぼろげながらイメージできてきた気はしますし…「きっとこういう方針だろうから、こーいう場面はこう動いた方がいいんじゃないかな?」みたいな事がみえるようになってきましたし。
にいた頃だと、ただ書いてある事に従うしか頭に浮かばなかったかなと…。
そーいう意味で、「この場面ではこういう理由からこう判断した」ときちっと筋書きが描けるかどうか、いかに脇を固められるかを考えるようになったのは、2年間の成果のひとつなのかなと。

そろそろ実地の経験がほしいなぁと思った私にとって、今度の職場先は楽しい事がいろいろありそうで。
住んだこともない環境、慣れない業務、厳しい状況下で迫られる選択…指導する側から指導される側にまわって、どう景色が変わるか…そんなこんなを経験するなかで、一生かけて追いかけたい何かをつかめるかどうか…
これでにいた頃に逆戻りだったら、どうしようもないわけですが(;´∀`)

「行くな」と「止まれ」

2009年07月26日 12:08

誰かに指示する時に使う言葉に否定形はあまり使えない、というのを何かで聞いたような。

確かに、急に誰かから「行くな!!」と言われたとして、「じゃあどうするの?」って事になりそうな。

もらった側の行動も縛れない…本当に行かないだけかもしれないし、とっさに別の選択肢を選ぶかも知れない、ただ迷うだけかもしれない。

ただ否定するだけだと、もらった側に何をするかを自力で選択肢を作らせ選ばせる事になる…が、選択肢をつくるところまで頭が回らない可能性もある。

なら、「行くな!!」より「止まれ!!」の方が一択問題で済むわな、と。


シンプルに動いてほしいのなら「止まれ」の方かなと…ただ、あえて考えさせたいときに「行くな」を使うのは、それはそれでありのようにも。




昨夜のフクアリからの帰り道。

千葉駅から各駅停車の電車に乗り継ごうとしたところ、あと1分弱で発車するのに気付きΣ(´∀`;)

ここからダッシュして乗れるかどうかは微妙なライン。

チャレンジ、という選択肢がありながらも

「止まれ!!」

と自分に指示を出したのは…

これ以上みじめを積み足せる気分じゃない、と当時の自分が判断したから…

という黄色い服着た男のみじめな心象を書いてみるテストっと((φ(・д・。)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。