スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他人が作った世界にすがりつくだけの信者

2011年03月28日 00:13

自力で一から世界を構築する事を放棄したり、誰かが作った世界をそのままインストールして疑いもせずほっておいたり…そういう人たちの目って、にわか信者みたいな感じがする。

インストールした「誰かが作った世界」を構成するプログラムを解析したりいじる事で不具合を直したり…そうすることで徐々に自分のモノにしていく感覚ってあると思う。自分の働きかけに世界がどう応えるか。

自分の働きかけに「道具」がどう応えるか…車の運転を覚えるときの感覚。これくらいの力でブレーキかければこれくらい止まるとか、道具との対話を通じて覚えていく感じ…自分の手にしていく感じ。誰かが作った世界を少しずつ自分の言葉で書き換えていく感じ。

そのほとんどを自分の言葉で書き換えたとき、誰かからもらった世界を自力で作り出せるだけの力がついている…はず。まぁ、いろんな事が細分化されてマニアックな方向に突き進んでいる現代において、その全てを細分まで書き換えるにもはんぱない時間を要するだろうけど。

全てとはいわずとも、自分がその道具と接する中で最低限使う部分、接さざるを得ない部分についてモノにできていれば十分だろうけど。ちゃんと要求に応えてくれるなら、中身が鉄でもヘチマでも構わないわけで。

自分が普段接している道具がどういう理屈で動いていて、どこから動力を得ていて…みたいな事を知っておくと、道具が不具合を起こしたときにどうすれば直るかの道筋がイメージできるようになる。

うん、すごく当たり前な事を書いた。



こんな感じのツイートを今朝書いて、今さらながら浮かんだのが「守破離」だったりする。
またしても綺麗事言ったというか、自分の血肉にする前に放射能漬けにされたらたまらんというか…パニくると藁をもすがっちゃうのはしょうがないんですけどね。でも、毎度毎度藁にすがってしのぐだけだと永遠に前へ進めない気がするもので。
前へ進むには、自ら切り込んでいくしかない。
スポンサーサイト

やり方を覚えるときの感覚

2011年01月21日 09:56

車の運転を覚えたり、笛の吹き方を覚えたり、プログラムの書き方を覚えたり…

そーいうのって、道具を自分の体に少しずつ取り込んでいく感覚がある、私の場合。

こーやりたい時はこー使う、

あーやりたい時はあー使う…

そうやって道具を自分の手やら足やらにしていく、

その一方で道具を使うことにより自分の表現の幅も広がる感じ。


高度な技術をわざわざ言語化しなくても、当人が技術を使う分には困らない。

体が覚えたとおりにやればいいだけ。

その技術を誰かに渡したい時、共有したい時になってはじめて言語化する必要が出てくる。

自分の中で作り上げた道具を他人が受け取れる形に現す必要が出てくる。


「右手をこう動かして、一方左手はこのタイミングでこう動かし…」と書いてある通りに体を動かすのは、

技術の肌をなでるだけに過ぎなくて。

その技術の肝をつかむには、肌をいろんなやり方でなでながら探るか、師匠からさらなるヒントを引き出すか…。


そのつもりでやってても、自分が道具に取り込まれては、元も子もないですけど(;´∀`)

道具を作る動機

2009年10月10日 08:28

短い時間の中で、情報を正確に作り出し、発信する。


数日前、職場は緊迫した状況になってまして。

その時の私は、見習いなりにできることをやりながら周りを観てたのですが、

情報をつくるのに、かなりの部分を手作業に頼ってたところがいくつかありまして。

それしか手段がないならまだしも…


データベースから必要なところを引っこ抜いて足し算させる位なら、プログラム走らせた方が危なげない。

焦りやすい状況で作るのなら、神経を使う部分を減らした方がいい。

どうせなら作れる情報の幅を持たせた方が、使い勝手も上がる。


やっている仕事を観察して、「こういうのがあればもっとよくなるのに…」というのを見つけて、それを叶える道具を作って、実際に使ってみて…

うちの職場もこういう歴史の繰り返しなんだろうなと思いつつ、こっちきて初めてのアプリ作成。


完成したのが歓迎会直前だったもので、お披露目は連休明けとなりそうですが…(;´∀`)


こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です! 今日のテーマは「初心、覚えていますか?」です。 水谷は、今の仕事を始めて一年半くらい経過しました。まだまだヒヨッコなんですが、仕事に慣れた部分もあります。仕事以外にも、趣味で絵を描くのですが絵を描き始めた頃の気持ちを、徐々に失っている気もします。絵を描き始めた時は、寝る間�..
FC2 トラックバックテーマ:「初心、覚えていますか?」


第810回「今日は九九の日!算数は得意ですか?」

2009年09月09日 22:48

こんにちは!トラックバックテーマ担当本田です。今日のテーマは「今日は九九の日!算数は得意ですか?」です。今日は九月九日で、九九の日だそうです。日本人のほぼ全員が経験する九九の暗唱ですが、みなさまは算数は得意ですか?本田は算数は大好きだったのですが数学になってからは、考えることは好きだったのですが方程式を覚えることが苦手で�..
FC2 トラックバックテーマ:「今日は九九の日!算数は得意ですか?」



算数といいますか数学といいますか…

学校の勉強の中で一番「おもちゃで遊ぶ」感じがあって、そーいうところが好きな教科だったなぁと( ´ー`)

理科なんかの方がもっと具体的な「おもちゃ」にみえながら、ただ足跡をたどるだけの実験ばかりだったもので…そのあたりいまいちだったようにも(;´∀`)


そういや、あの北野武大先生が「映画から見える因数分解」みたいなことをおっしゃってたような。

因数分解も三角比も、あくまで道具のひとつなんだよ…ということに気付きだしたのは、学校を出てからのような(;´∀`)

学校にいた頃は、ただがむしゃらに「おもちゃ」をいじり倒すだけだったといいますか、使いこなすのに手いっぱいだったといいますか…


たぶん、「おもちゃ」を作り出せるような人を数学者と呼んだりするんだろうな…とも。

そんな「おもちゃ」を駆使して好きなあの子を落とせないかしら…と考えるのが私だったり( ・∀・)アヒャ

ちから

2009年07月09日 00:46

10人中10人が反対しようが、知った事ではない。

自分の中にある”確固たる論拠”を胸に、ブルドーザーみたいに突き進む。

やらなければいけないから、やる。

今やるしかないから、やる。


そうさせるだけの、ちから



ちからがあって初めて、知性という道具が、その役目を果たす。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。