スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vsジュビロ戦(J1第19節)…アンラッキーを跳ね返す力

2009年08月02日 00:44

IMG_1679.jpg
 門の向こう側に見えるスタジアム…という構図に、ふとドイツのワールドカップついでに訪れたローデンブルグを思い出してしまいました( ´ー`) どうも、コゲチャです。
 人生初のヤマハスタジアム…思ってたよりもこぢんまりとしている印象でした。アウェーのゴール裏は日立台って感じで、バックスタンドからの景色は三ツ沢に近い感じ…ってとこでしょうか。あと、メインスタンドにみえた、二枚の大きな二輪車のパネルは…親会社乙って感じでしょうか( ・∀・)アヒャ
IMG_1683.jpg
 あと、試合前の練習では三種のビブスが走り回ってたような…見た感じ、中後と工藤だけ赤いビブスでほかのスタメン組は二色に分けられてる感じ…赤いビブスはほかの二色とは敵対しない感じ、ボールが来たら短いタッチで捌いてたような…当て石みたいな役割でしょうか。
IMG_1694.jpg
 サブ組の練習にもビブスが使われてたのにはビックリしましたΣ(゚Д゚;o)
ってか、練習の種類が増えたような…これが江尻色なのでしょうかね。なんとなく、イビチャ時代に回帰しているような。

○この日のフォーメーションは4-4-2。GKにはお久しぶりな櫛野亮。DFは益山・福本・池田・青木良太、益山が右サイドバックとして初スタメン…のはず(;´∀`) MFは中央に工藤と中後、左にアレックス右に深井。FWは左に谷澤、右に巻。
基本はショートパスを細かくつないでジュビロ守備陣の網をかいくぐる狙い…時折、中後のロングパスでサイドチェンジしながら崩しどころを伺う感じ。自陣に入ったところで囲い込むカタチをとってたジュビロの守備陣(4-4ライン)との駆け引きって感じの前半戦だったような。
○序盤はボールを支配するジェフでしたが、先制点はジュビロ。まさかあれが入るとは…としか思えないほどの見事なロングシュート(;´∀`) これはしょうがないし切り替えるしかない、と思った矢先にまた失点。ただ、こちらはジュビロの村井に高い位置でパスカットされてそのまま速攻でやられたパターン。益山(´・ω・`)って感じでした。そういえば、3失点目となった前田のヘッドも村井のクロスだったような…。益山、攻撃時にはボール捌きのうまさも見えて、期待が持てたのですが…これを糧にしてもらいたいものです。攻撃は左サイドからの崩しがなかなか決まってて、青木良太が深いところからクロスを上げるシーンが何度かあったのですが…そちらは惜しくもゴールならず。0-3ってほどやられた印象でもないのに…といった感じの前半。
○後半、益山にかえてバイアーノ投入。バイアーノはFWに入り巻とツートップ。谷澤がMFの左にはいり、アレックスが左サイドバックへ。
後半は、バイアーノのポストプレーと運動量が効いたような。攻めのパターンもサイドで流れたり中央で構えるバイアーノにつなぐ形が増え、受けたバイアーノが的確にコントロールしてゴール前にやさしいパスを供給。谷澤の同点ゴールはバイアーノのポストプレーがきれいにはまったパターンでした。その後谷澤と交代で入った太田がスピードを生かした突破や飛び出しをみせ、それがバイアーノからのラストパスとはまった惜しいシュートが何本も。しかし、そこに立ちはだかるは川口(;´∀`) 枠に行ったシュートもことごとく弾き続け…結局勝ち点1までには届かずタイムアップ。
もうちょっと強いシュートが打ててれば…とは思いました(;´∀`)
○工藤が恐ろしい運動量でいろんなところに顔出してはパスをさばいたり、中後がバランスをみながら要所で前への危険なロングパスを供給していたり、谷澤がいい位置でボールを受けてはドリブルをしかけたり、深井が攻守に積極的なプレーをみせたり…工藤の飛び出しがもっと有効に使えればなぁ…とは思いましたが、攻撃については、方向性として間違ってないように感じました。ショートパスの細かいつなぎを基本として、ドリブル突破やロングパス+飛び出しで局面をつくりだす…後半、ショートパスをジュビロ守備陣に狙われてたのは危ない点でしたけど(;´∀`)
 もっとハイリスク路線を行くとするなら、センターバックの1人を前に上げるパターンでしょうけど…中後と同じ位置に福本を上げて、工藤を前に張り付かせる形でしょうか。
○最後まで打ち抜きにかかったけど、もう一歩届かなかった…0-3から1点差まで追い上げた点、最後まであがき続けた点にはすごく今後に期待が持てるものがあって、試合終了後のジェフサポからの拍手も順当なものだと思いました。

ただ、だからこそこう思うべきではないでしょうか。

まだ足りない。
このままでは確実に落ちる…と。
IMG_1705.jpg

IMG_1707.jpg

IMG_1708.jpg
スポンサーサイト

vsアルディージャ戦(J1第15節)…2点で済んでよかった

2009年06月27日 22:48

IMG_1505.jpg
見事なまでにカンパ─(*´ω`)o∪☆∪o(´ω`*)─イ どうも、コゲチャです。

○この日のフォーメーションは4-4-2。GKには岡本、DFには坂本・福元・ボスナー・和田。福元、ナビスコ杯で出番をもらって以来、スタメンをキープ。MFは中央に工藤と下村、左に谷澤、右に深井。サイドの二人は、何度か入れ替わってました。FWは新居に巻。グランパス戦と同じ顔ぶれに…ただ、グランパス戦の決勝点をアシストしたミシェウがベンチ外Σ(´∀`;) 先制されたらキツイかな…と思った試合前。相手のアルディージャも4-4-2。
○前半の最初はお互いにチャンスを作るも決められず…な展開。後方からの縦パス一本から飛び出した新居がGKと1vs1になるも、ループシュートが枠の外(;´∀`) この頃は打ちあいになるかなと思ってましたが…。
○前半の途中から完全にアルディージャペース。中盤の右にいた藤本が中央や左にまで顔を出し、ボールに絡んで攻撃をコーディネート、決定機を何度も作られる事に(;´∀`) ジェフも前めに張る谷澤や深井が仕掛けてチャンスをつくるも決め切れず…いつしか、谷澤も深井も前に張り付くのみとなり半ば4トップ状態に(;´∀`) 後ろから細かくつなごうにもアルディージャのプレッシャーとパスの受け手不足が重なり、迷いながらの横パスに…それをアルディージャにかっさわれてカウンター(;´∀`) 迷いなく自分たちの狙い通りのサッカーを遂行するアルディージャ、攻め手がつかめず相手の速攻への対応もあり疲労のたまるジェフ。前方へロングパスを送っても、セカンドボールがことごとく拾えずアルディージャに攻められっぱなし(;´∀`) あきらかなまでの運動量不足。
○後半にはいっても両チームの図式は変わらず…もはや6-0-4みたいな状態のジェフ、苦し紛れのショートパスをカットし、0状態の中盤を楽々突破して最終ラインの手前から惜しいミドルシュート連発のアルディージャ。こういう縦ポンな展開なら工藤じゃなくて中後だろうに…でも、ハイボールを競った後を拾えないようでは無駄でしょうけど。途中から入った米倉の単騎突破にわずかな光がみえただけの45分でした。0-5あたりが順当なスコアでしょう。
○イレブンのひとりひとりが体を張ってボールに喰らいつく…本来ジェフがやるべき事をアルディージャにやられた90分でした。フリーに動く藤本をつかまえる策…フロンターレ戦で見せた中村憲へのマンマークなんてのも一手だったんでしょうけど、そのためだけに1トップにする気はなかった、という事でしょうかね。アルディージャの戦略にはめられているのは、前半の途中から明らかなわけで…ただ、その戦略に対応する引き出しがなかったということでしょう。
 あと、試合途中からなのですが…縦へのロングパス一辺倒なのかショートパスを細かくつなぐのか、チーム内の意志がまとまってなかったように感じるもので。後半開始前の円陣で盛んに話し合ってたのも、ベンチ内でまとまらなかったからなのか…。
○結局、「J2に落ちても不思議と思われない」チームの試合だったとさ、と((φ(・д・。)
IMG_1508.jpg

IMG_1509.jpg

IMG_1511.jpg

まぁ、相手の戦略を読み切ったうえで、それへの対応策を体現するって真似ができるチームが下位にいるわけがないわけで…身の程を知れってことなのでしょう。
グランパス戦での勝利に浮かれた犬にはうってつけな冷や水だった…と、後で思わせてくれるような試合を、大分では見せてほしいものです。

vsレッズ戦(J1第7節)…前半に1点とれていればorz

2009年04月26日 07:26

IMG_0961.jpg
あまりの暴風雨っぷりに、数年ぶりのポンチョ着用( ・∀・)アヒャ どうも、コゲチャです。

昨日はSB指定席(2階)からの観戦。
アウェー寄りだったからか、レッズファンもそこそこに。去年と同じように黙らせてやりたいところでしたが…。

○この日のフォーメーションは4-3(1-2)-3。GKの岡本、DFの青木良太・坂本・ボスナー・和田はFC東京戦の後半と同じ顔ぶれ。MFは下がり目に下村、左にアレックスで右に工藤。FWは左に深井、右に谷澤、中央に巻。
○前半はジェフの時間が長かったような。みんなよく走ってプレスをかけ、ボールをカットしたらサイドの深井or谷澤にボールを預けて速攻。下村が空中戦でがんばってたのと、アレックスの強さ、あと巻のGKへのアグレッシブなプレスが印象的でした。その中で二度くらい決定機があったのですが、うち一つはレッズDF田中のスライディングに止められました(;´∀`) さすがは日本代表…。
○「よくがんばってるけど、これは後半もたないのでは?」というハーフタイム時の悪い予感的中な後半戦に(;´∀`) 運動量が前半より落ちていて攻守にフォローが難しくなり1対1の局面が増えたような(;´∀`) レッズに先制された後は、取り返そうにも運動量が戻ってこない感じで…レッズにまわされ放題な展開。あれ、これとよく似た光景を開幕戦で見たような…。攻撃でも深井と谷澤にボールが来ても、サイド脇に追い込まれて奪われるシーンが目立ち、孤立してしまったかなと(;´∀`) 後半のバテバテな時に自分で強引にドリブルしてシュートを打ててしまうフッキみたいなタイプがいれば違う展開だったのかも…ある意味、ミシェウに期待してる部分ではあるのですが…。後半については、0-1というスコア以上の差があった感じでした。前半を足すと五分五分くらいでしょうか。
○それにしても、レッズの先制点をアシストしたMF山田のきれいなクロスと、FWエジミウソンやMFポンテの狡猾さは見事でした( ・∀・)アヒャ 前節戦った相手になかったものがそこにあったような…。あと、フィンケ式のレッズ観るのは昨日が初めてでしたが、オシム系のランニングスタイルではなかったなぁ、と。

(余談ながら)
試合開始前の定番コーナー「ジェフキッズ」で、いつもジェフファンな子にスコア予想をきくのですが、いつもは「3-0」あたりいくところを昨日は何故か「3-1」Σ(´∀`;)
レッズの1点は一昨日誕生日を迎えた田中さんとのことで…この時のレッズファンの拍手喝采ぶりに、すこしほほえましさを感じてしまいました( ´∀`)
IMG_0963.jpg
IMG_0966.jpg

vsジュビロ戦(J1第5節)…シュートという選択肢を選ばないエース?

2009年04月12日 08:50

IMG_0893.jpg
前に見たレイソル戦よりゴールの臭いがあったのですが…。どうも、コゲチャです。

昨日は、ゴール裏の”でんぐり返し”を納めるべく、ゴール裏寄りのSA自由席へε=ε=ε=┌(o゚ェ゚)┘
IMG_0890.jpg

○この日のフォーメーションは4-4(3-1)-2。GKの櫛野、DFの青木良太・池田・ボスナー・坂本は毎度おなじみ。MFはダイヤモンド型。下がり目に斎藤、左にアレックスで右に工藤、トップ下に谷澤。FWは左に深井、右に
○対するジュビロはイングランドスタイルって感じの4-4-2。中盤4人がほぼフラット。おおきな横パスと太田・村井・ジウシーニョといったスピードのある選手がドリブルで縦に抜いていく感じ。元々こんなチームだったっけか(。´д`)?
○攻めの方は…後方で細かくつなぎつつサイドの裏に深井や谷澤、工藤を走らせ、最終的にはの頭って感じの流れだったような。つなぎの時にみせた、工藤のHUBっぽいパスさばきはさすがって感じで( ´ー`) 工藤を活かすとなると、人が集まりやすい中央なのかしら…と。あと、川口に弾かれたミドルシュートもまた見事でした。谷澤もよく攻撃をリードし、深井も果敢に仕掛け、惜しいシュートも何本か。アレックスもいいタイミングでのロングパスが決まり…あのちばぎんカップと比べて、だいぶ馴染んできたような( ´ー`) あと、の”ポストプレー”は的確にきまっていたなぁと。
○守りでいえば、斎藤の的確な守備と競り合いでの巧さが光ってたなと( ´ー`) 最終ライン前のフィルターとしてしっかり機能してたなと。DF陣も、多少のミスはあったにせよ運動量豊富に奮戦してたなと。
○結果としては、お互いセットプレーから1点ずつ挙げて引き分け。流れとしてはジェフが握ってただけに、流れの中で1点とれればよかったのですが…そうはジュビロの守備陣も甘くはなかったかと(;´∀`) ただ、どれだけ相手が必死でも、ゴールへ向かう気迫を押し出さない事には”勝つ”チャンスは転がってこないと…そーいう意味で、”フィニッシャー”としてのがペナルティエリア内でシュートを選ばなかったのは(;´∀`)
まぁ、今のチームの中でに託された役割が”ポストプレーと前線からの守備”ってだけで、”点を取りに行く役割=フィニッシャー”の役割が託されていないのなら別なんですが…
試合後の様子を見る限り、足をつるぎりぎりまでいってた感じで…打てないからパスという選択肢を選んだ、と思えなくもないのですが…

ただ、ファン目線からみると「あの場面でシュートを打たなかったエース」ってのはすごく印象的なわけですよ…悪い意味で。
それ故のブーイングであることを、ご理解いただきたいところですが…

IMG_0901.jpg

IMG_0904.jpg


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。