スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vsジュビロ戦(J1第19節)…アンラッキーを跳ね返す力

2009年08月02日 00:44

IMG_1679.jpg
 門の向こう側に見えるスタジアム…という構図に、ふとドイツのワールドカップついでに訪れたローデンブルグを思い出してしまいました( ´ー`) どうも、コゲチャです。
 人生初のヤマハスタジアム…思ってたよりもこぢんまりとしている印象でした。アウェーのゴール裏は日立台って感じで、バックスタンドからの景色は三ツ沢に近い感じ…ってとこでしょうか。あと、メインスタンドにみえた、二枚の大きな二輪車のパネルは…親会社乙って感じでしょうか( ・∀・)アヒャ
IMG_1683.jpg
 あと、試合前の練習では三種のビブスが走り回ってたような…見た感じ、中後と工藤だけ赤いビブスでほかのスタメン組は二色に分けられてる感じ…赤いビブスはほかの二色とは敵対しない感じ、ボールが来たら短いタッチで捌いてたような…当て石みたいな役割でしょうか。
IMG_1694.jpg
 サブ組の練習にもビブスが使われてたのにはビックリしましたΣ(゚Д゚;o)
ってか、練習の種類が増えたような…これが江尻色なのでしょうかね。なんとなく、イビチャ時代に回帰しているような。

○この日のフォーメーションは4-4-2。GKにはお久しぶりな櫛野亮。DFは益山・福本・池田・青木良太、益山が右サイドバックとして初スタメン…のはず(;´∀`) MFは中央に工藤と中後、左にアレックス右に深井。FWは左に谷澤、右に巻。
基本はショートパスを細かくつないでジュビロ守備陣の網をかいくぐる狙い…時折、中後のロングパスでサイドチェンジしながら崩しどころを伺う感じ。自陣に入ったところで囲い込むカタチをとってたジュビロの守備陣(4-4ライン)との駆け引きって感じの前半戦だったような。
○序盤はボールを支配するジェフでしたが、先制点はジュビロ。まさかあれが入るとは…としか思えないほどの見事なロングシュート(;´∀`) これはしょうがないし切り替えるしかない、と思った矢先にまた失点。ただ、こちらはジュビロの村井に高い位置でパスカットされてそのまま速攻でやられたパターン。益山(´・ω・`)って感じでした。そういえば、3失点目となった前田のヘッドも村井のクロスだったような…。益山、攻撃時にはボール捌きのうまさも見えて、期待が持てたのですが…これを糧にしてもらいたいものです。攻撃は左サイドからの崩しがなかなか決まってて、青木良太が深いところからクロスを上げるシーンが何度かあったのですが…そちらは惜しくもゴールならず。0-3ってほどやられた印象でもないのに…といった感じの前半。
○後半、益山にかえてバイアーノ投入。バイアーノはFWに入り巻とツートップ。谷澤がMFの左にはいり、アレックスが左サイドバックへ。
後半は、バイアーノのポストプレーと運動量が効いたような。攻めのパターンもサイドで流れたり中央で構えるバイアーノにつなぐ形が増え、受けたバイアーノが的確にコントロールしてゴール前にやさしいパスを供給。谷澤の同点ゴールはバイアーノのポストプレーがきれいにはまったパターンでした。その後谷澤と交代で入った太田がスピードを生かした突破や飛び出しをみせ、それがバイアーノからのラストパスとはまった惜しいシュートが何本も。しかし、そこに立ちはだかるは川口(;´∀`) 枠に行ったシュートもことごとく弾き続け…結局勝ち点1までには届かずタイムアップ。
もうちょっと強いシュートが打ててれば…とは思いました(;´∀`)
○工藤が恐ろしい運動量でいろんなところに顔出してはパスをさばいたり、中後がバランスをみながら要所で前への危険なロングパスを供給していたり、谷澤がいい位置でボールを受けてはドリブルをしかけたり、深井が攻守に積極的なプレーをみせたり…工藤の飛び出しがもっと有効に使えればなぁ…とは思いましたが、攻撃については、方向性として間違ってないように感じました。ショートパスの細かいつなぎを基本として、ドリブル突破やロングパス+飛び出しで局面をつくりだす…後半、ショートパスをジュビロ守備陣に狙われてたのは危ない点でしたけど(;´∀`)
 もっとハイリスク路線を行くとするなら、センターバックの1人を前に上げるパターンでしょうけど…中後と同じ位置に福本を上げて、工藤を前に張り付かせる形でしょうか。
○最後まで打ち抜きにかかったけど、もう一歩届かなかった…0-3から1点差まで追い上げた点、最後まであがき続けた点にはすごく今後に期待が持てるものがあって、試合終了後のジェフサポからの拍手も順当なものだと思いました。

ただ、だからこそこう思うべきではないでしょうか。

まだ足りない。
このままでは確実に落ちる…と。
IMG_1705.jpg

IMG_1707.jpg

IMG_1708.jpg
スポンサーサイト

vsサンガ戦(ナビスコ杯予選第6節)…ホームの勝利がもたらす、幸せな夜

2009年06月08日 00:14

IMG_1395.jpg
着いたのがキックオフ10分前…アウェー側のSA自由席は余裕でした( ・∀・)アヒャ どうも、コゲチャです。

○この日のフォーメーションは4-4-2。GKはおなじみ岡本、DFは左から坂本、ボスナー、福本、和田。MFは左からアレックス、下村、工藤深井のフラットな並び。FWは左に谷澤、右に深井…右サイドに置いた方が切り込みドリブルの威力も増したかなと( ・∀・)アヒャ あと、アレックスに安定感を感じましたね…アレックスならどうにかしてくれる、クロスなりシュートなり…。
○前半の早いうちにするするっと2点取れてしまい、それ以降京都もあまりがっつり来なかったからか、最近の数試合には見られない”つい眠くなる”前半でした(;´∀`) 2点はともにテクニカルな感じで…先制点は最終ライン付近で谷澤(?)とうまくスイッチした深井がそのまま抜け出し、ゴールキーパーとの1対1からあっさりゴールを決めまして( ・∀・)アヒャ 2点目は、京都のボールをカットした工藤からの素早いスルーパスを受けたが、相手GKの位置を見ながらカーブをかけた緩い軌道でゴールを( ・∀・)アヒャ 瞬時の機転と敏捷性をうまく活かしたゴールシーンでした。生では初めて見る福本は…ヘッドのクリアが短いシーンもあったものの、サイドバックへのフィードは安定してたなと。及第点ってとこかなと( ・∀・)アヒャ
○後半は、京都が千葉の4-4ラインを崩そうといろんな手を打ってたような…京都FWとMFが4-4ラインの間でボールを受けようとしたり、京都の両サイドがジェフ最終ラインと同じ高さに張り付く事でジェフの最終ラインを6バックっぽくして、薄くなった中盤から崩そうとしていたり…。何度か決定的な場面を作られたのですが、それでも流れの中の得点が生まれなかったあたり、さすがはQBKとしか(;´∀`) でも、シュート以外はすごかったですねぇ…ボールのないところでの素早い動き出しから、的確なワンツーから…やはりアシスト型のFWやなぁ、と。あと、佐藤勇人もここぞでいい位置取りに動いて、ジェフの守備を崩すパスを出してたような。でも、シュートは打たなくなったんですね(;´∀`)
IMG_1403.jpg
○そんなこんなで京都の攻撃をセットプレーの1点に抑え、2-1で☆★月劵゚+。゚(*b´▽`)b゚。+゚禾り★☆
…まぁ、ボールキープの時間帯で無理に難しいパス交換をしようとしたり、縦パス一本で速攻仕掛ける時にパスの出し手と受け手で意図が合ってなかったりと、まだバタついてる感じは否めませんが…消化試合とはいえ、逃げきれたのはいいことかなと( ・∀・)アヒャ
この流れをリーグ戦に持ち込んでほしいものです!(`Д´)ノ
IMG_1399.jpg

IMG_1405.jpg

IMG_1410.jpg

そういえば、試合後のセレモニーも若干修正されたような…ヒーローインタビューのタイミングが、試合終了直後から選手たちがメインスタンドにまわってきた頃に変わってましたし( ・∀・)アヒャ
それと…谷澤の「俺たちジェフ!」がメガホンからマイクに変わってて、バックスタンドからでも谷澤の肉声がしっかり聞こえたような( ・∀・)アヒャ
地味に改善されてる感じが素敵ですなぁ…。

確かに、この試合は消化試合的な位置づけだったのですが…
それでも勝った後には、幸せな空気みたいなのを感じられたような。
フクアリジェフの勝利を見届ける…これだけでも、その後一晩の幸せを保証されたようなもんで( ・∀・)アヒャ 
アウェーは非日常な感じで、ホーム日常の中って感じなもので…

やはりホームで勝てるのって素敵…と改めて感じた次第です( ・∀・)アヒャ


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。