スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vsレイソル戦(J1第20節)…審判にはく奪されかけた勝ち点

2009年08月16日 01:07

IMG_1741.jpg
ジェフ的には「審判から勝ち点1を守り抜いた試合」、レイソル的には「審判からのプレゼントを受け取り損なった試合」。どうも、コゲチャです。

○この日のフォーメーションは4-4-2。GKには前節に続いて櫛野亮。DFは坂本・福本・池田・青木良太と手堅い布陣…ボスナーが控えとは(;´∀`) MFは中央に工藤と中後、左にアレックス右に深井。FWは最前線にバイアーノ、少し下がり目に谷澤。雰囲気としてジュビロ戦よりも「バイアーノのポスト」を活かす形の布陣にしてきたかなと…ジェフのゴールキックの時に、柏DFライン付近にいるバイアーノと、DFラインより明らかに柏ゴール寄りなオフサイドポジションをとっていた谷澤が印象的でした。ただ、そのプランも前半途中で頓挫することに(;´∀`)
○柏のフォーメーションもまた4-4-2。中盤真ん中にいる栗原と杉山が巧みにコーチングしながら組み立てる感じ。杉山からの縦へのパスは危険な感じでした(;´∀`) あと小林祐三の競り合い時に魅せる”いやらしさ”がまた印象的でした。あとはレイソル特有(?)な縦へのごり押し突破と、うまい倒れ方と…。これが審判の神経を無駄に尖らせる結果に…なったとみるかどうか(;´∀`)
バイアーノのひじ打ちで一発レッド…あの程度でレッドだとしたら、その後レッドをもらうべきだった選手は数人いたようにも。事前のプレーでリーチ手前のところまで来てたのかもですが…それにしても、あの状況でレッドとは…としか。よほど痛そうに倒れていらしたのでしょうね…サッカーの練習の代わりに太秦あたりで痛くみえる倒れ方の練習でもなさっているに違いない、と((φ(・д・。)
バイアーノの退場により、すっかりボール保持ができなくなったジェフ。ハイボールが来ても競り合えるのが谷澤のみ…これではさすがの谷澤も厳しいとしか(;´∀`) ジェフのゴールキックもことごとく柏ボールになり攻撃を組み立てられ、攻めきられてしまうためにGKからのショートパスも使えず…。後半はひたすら耐えに耐える展開に(;´∀`) しかし、その状況下でも相手のシュートに体をぶつける選手たち…後半の中頃になるとスローインからうまく縦へ飛び出した深井がGKとの1対1に近いチャンスをつくったり、工藤のジグザグドリブルからのパスを受けた深井が惜しいシュートを放ったり…カウンターから決定的なチャンスを作ったジェフ。またレイソルも前の選手の飛び出しでジェフの最終ラインを揺さぶりつつ杉山から決定的な縦パスを通されるも、肝心のシュートがイマイチだったり…と、ボールを持ち続けるも決め切れない様子。そんなこんなで0-0のドロー。どちらも”勝ち方”を忘れている雰囲気がなきにしも…(;´∀`)
○帰り道にふと思いついたのは、斎藤のFW起用( ・∀・)アヒャ
競り合いに強いですし、得点センスも守りの選手としては非凡なものがありますし…ポストプレーができるかどうか、という点に疑問符なのかもですが(;´∀`)

ジェフの相手は、相手チームだけではないようで…というか、JFAに嫌われてるような気が…いや、嫌われているというよりは「潰していいチーム」扱いされているような…
( ゚д゚)ハッ、だからオシム強奪なんて真似ができたのk(ry
IMG_1749.jpg
IMG_1750.jpg
IMG_1751.jpg
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。