スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渥美サイクリングロード

2012年10月26日 08:40

CA3I1051.jpg

去年来た時に気になっていたサイクリングロード、東から走ってみましたよっと。

676636289.jpg

浜名湖から出発して一時間ちょい、潮見坂を皮切りに上ったり下ったりのエンドレス。おまけに西から来る冷たい向かい風…国道沿いに走った方が距離は短いだろうけど、余計に疲れたろうなと。

676666365.jpg

赤羽根のところは通行止めで走れなかったけど、海やなぁ( ´∀`)

CA3I00030001.jpg

ここからは伊良湖岬まで続いてそうだなー。

CA3I00050002.jpg

676678658.jpg

CA3I00120001.jpg

CA3I00230001.jpg

CA3I00190001.jpg

CA3I00220001.jpg

CA3I00250001.jpg

だいたい一時間くらいですかねぇ…山の影に入ったからか風も弱く、キロ単位でまっすぐな道があったり、森の影に入ったり、ちょうちょをみかけたり…気持ちよかったなぁ。



<おまけ>

675800241.jpg

行きのルートで通った、東海道五十三次の荒井。お犬様の背中には浜名湖( ´∀`)
スポンサーサイト

名古屋から伊良湖までぐるっとな:2日目(伊良湖→名古屋)

2011年11月07日 16:48

宿の主人曰く「今の時期だと6時から7時あたりにきれいな朝日がみれる」そうだが、

P1000861.jpg

あいにくの曇り空^^;旅行決めた時の週間予報だと晴れだったのになぁ…

P1000870.jpg

朝焼け、ほんのりと見えておるぞよ。

朝のニュースを見ると夕方から雨らしく、早く帰ったとしても少し降られそうな具合…ということで、朝一の船で知多半島の師崎まで行く事に。

CA3I0451.jpg

宿から船乗り場へ向かうサイクリングロード。奥の山に渡り鳥がとまるらしく、朝から双眼鏡やら望遠カメラやらで姿を見つけようとする方々が多かったような。

CA3I0452.jpg

時間に余裕があったもので、先代の灯台をみに海辺まで。

441574732.jpg

そこにはRPGの世界からそのまま持ち出したような階段があったり、

CA3I0456.jpg

岩の間に咲く黄色い花を見つけたり。

441597053.jpg

10時前に伊良湖岬に別れを告げ、

P1000878.jpg

内海に浮かぶ島を眺めながら、

P1000879.jpg

50分程かけて知多半島の先端、師崎へ。

そこからは国道247号に沿って知多半島の西側まわりで北へ。

信号と信号の間隔が名古屋市内の倍以上ある感じで、いつも以上に小休止がないままに数十分漕ぐ感じ…走る分には気持ちいいものの、初日の疲れもあってか、途中から太ももがつらくなり^^;

そうこうしてる内に山道となり、海岸線も見えなくなり…

ん、これじゃどこにセントレアがあるんだかわからんじゃないか!

ある程度進んだところで国道を左に曲がり、田舎道をふらふらしながら海のほうへ出てみると、

441661134.jpg

なにやら西の方へ続く線路を発見。

これに沿っていけばセントレアに近づける…!

441667719.jpg

自転車で近づけるのはここまでのようで^^;

これ以上近づくには車か電車しか選択肢がなさそうでした。

こりゃ確かに島やな…と。

セントレアのあたりからさらに海岸線沿いに北上すると、いつしかコンビナートっぽいところへ。

国道なのに草ボーボーな歩道を強引に突破した先に見えたものは、

441692298.jpg

ただひたすらにまっすぐなアスファルト。

一応道路標識もあるから私道ってわけでもなさそうだけど…このまま真っ直ぐ進んだ先に何があるんだろう、と^^;

ひたすらに漕いだ先が行き止まりだったら…

道は素晴らしくよく(近々駅伝のコースになるらしい)、漕いだ分だけスピードが出て走る分には申し分ない、でも、あまりにも人の気配がない…トラックすらろくに通らない…

途中で怖くなって、行ききることなく途中で曲がったような^^;

(後で見返すと、あのまままっすぐ行っても名古屋へいけたようで。ただ、海を越えるところで自転車も走れるかどうかは…)

CA3I0478.jpg

どうにかこうにか名古屋市に着いた14時過ぎにはパラパラ雨が。

本降りがくる前には…と、少し駆け足気味にラストスパート。所々顔をしかめながらも金山あたりを通過して、16時過ぎにどうにか帰宅。



メーターによると、走行距離85キロ。

初日ほど太ももに筋肉痛こなかったのは、100キロいかなかったからか、体が慣れてきたのか、まだ痛みがきてないだけか…(アワワ

名古屋から伊良湖までぐるっとな:1日目(名古屋→伊良湖)

2011年11月07日 15:20

map1104_kako.jpg

秋の連休期間、暑すぎず寒すぎずな時期にどこか遠出しようかな~と思いつつ、どうせなら渥美半島までいってみようかな、ついでに船で知多半島渡って前回行かなかった西側まわってみようかな…こりゃ名古屋伊良湖岬ぐるっと一周ツアーやなと。

伊良湖岬の宿に予約を入れて、朝6時ごろに出発。

P1000833.jpg

まずは名古屋から岡崎目指して南東へ。ウォームアップとばかりに東山界隈のアップダウンをこなしつつ、てっぺん近いところから。下の街はもやがかりで。

P1000839.jpg

高速道路の脇を走ることもあるのですが、ここみたいに整ってるとすごく走りやすい。中には草ぼーぼーでジャングルみたいなところもありますけど…

P1000840.jpg

上のは境川だったかな…看板撮るの忘れて、帰ってからグーグルマップみながら確認しただけだけど。

P1000843.jpg

上のは矢作川だな、岡崎へ着く直前くらい。完全に天然ものではないだろうけど、きれいな砂洲してるなぁと。

CA3I0410.jpg

そんな矢作川に沿ってこんな道を。晴れてる日にサイクリングするには格好なもので、ママチャリのってる人も何人か見かけたような。

P1000847.jpg

そんなこんなで岡崎城である。

441037112.jpg

天守閣のノートに二十一世紀っぽい書き込み。

P1000853.jpg

屋根の両側にたたずむシャチホコの疑似体験。

CA3I0422.jpg

豊川市から南に下るあたりでいろいろトラブったものの、田原街道に着いてしまえばこっちのもの。
BGMをPerfumeからサザンにチェンジ。

CA3I0429.jpg

海辺に着く途中、いくつか風力発電用と思われる大きな風車を見つける。あの日は風が弱くて、ぴくりともしていなかったけど。

CA3I0442.jpg

田原街道を漕ぎ続けて約3時間、ところどころ寄り道しながらもどうにか日が暮れる前に伊良湖岬に到着。ちょうど夕焼けに。

P1000855.jpg

夏場は海水浴客で賑わうであろう砂浜、あの日は釣りしてる人が二~三人だったかな。

441204966.jpg

名古屋から約133キロ(メーター調べ)、所々迷い道したけど…思えば遠くまで来たもんだ。

その後、宿で海の幸をおなかいっぱい堪能し、あまりの堪能振りにナゴヤドームの試合の結末まで見ることなく眠りについてたような^^;



それにしても、ゆでだこ一匹は豪快だったなぁ。

チャリで福井約200kmツアー初日:名古屋→敦賀

2011年08月18日 10:04

せっかくの夏休み、ここらで自転車泊付きツアーでもいってみようかと思いついた名古屋→福井ツアー。

map0.jpg

上のルート(最短距離)で160km弱…一日かけてギリギリな距離(初心者的に)ではあるものの、これを福井の大先輩に聞いてみたところ、滋賀-福井県境の栃の木峠近辺は道が細かったりダンプカーが走ってたり崖になってたりで危ない、とのアドバイスをいただきまして。
それを受けて、まず一日目で下のルートで敦賀市まで到達、二日目で福井市にゴールする計画に。

map1.jpg

朝の5時過ぎにスタート。ガラガラな名古屋中心部、その広い道のど真ん中を走る快感・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:

CA3I0203.jpg

木曽川越えて、岐阜県へ。

CA3I0211.jpg

畦道抜けて、山の向こうへ。

CA3I0213.jpg

こじんまりとした、丁寧に手入れされていた競技場のベンチで朝ごはん。来年の国体で使われるそうな。

CA3I0216.jpg

関が原に近づいたところで雨雲が次々とわいてきて、にわか雨。やり過ごそうにもまともな店が見つからず、どうしよう(((( ;゚д゚))))アワワワワとしてるうちに止んだような。

CA3I0221.jpg

伊吹山へ続く上り坂をじわじわ進むうち、合戦場跡に到着。周りの高い垣に陣地を作り、真ん中の広い平原で天下分け目の大戦…周りを山に囲まれてて、逃げたくても逃げられない雰囲気。

CA3I0225.jpg

ツーリングな方々を横目に見て伊吹山の坂道を抜けるうち、滋賀県到達。さっそくきれいな小川に出くわす。

時刻は11時過ぎ。予定より早めで、これだと昼過ぎには着いちゃうかな…と、ルートを西にずらして琵琶湖沿いを走る事に(゚∀゚)アヒャ

CA3I0227.jpg

もやがかかっていたとはいえ、向こう岸が見えない湖なんて…

CA3I0229.jpg

川の下流は鳥の休息所に。

CA3I0231.jpg

P1000731.jpg

小さな島もちょこちょこあり。

CA3I0233.jpg

そんなこんなで湖周道路を快調に飛ばしたような…道がきれいで走りやすかったのですが、まわりに自販機やお店がなく…ちゃんと飲み水を携帯しないと怖いなと(;´∀`)

CA3I0238.jpg

琵琶湖を抜けていざ敦賀への山道…と思いきや、ここで前輪がパンクorz
リュックを確認…穴を埋めるシートは出てきたものの、肝心の空気入れがないヽ(・ω・)/ズコー
自転車屋を求めつつ最悪は輪行袋につめて電車かな…と、自転車を押して木之本へ。

・ ・ ・ ・

盆休みの真っ只中で対応してくださった、奇特な自転車屋さんがつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

夕方になったけどまだ日没までには時間がある。
行けるだけいってしまえ、と8号線にのって鶴賀への山道へ。

CA3I0241.jpg

そこまでの急坂はないものの、長く続く坂道…山道は短距離走やない、マラソンや。

CA3I0244.jpg

敦賀市街が見えてきた!どうにか日没には間に合うな。



走行距離:143.3km

巨大プール目当ての三重県境越え

2011年07月12日 08:10

「梅雨も明けたことだし、年に一度は巨大な流れるプールでぷらぷらしたいもんやなぁ…」

三重県境付近に巨大プールとな!ちょいとサイクリングしますかのぅ」

CA3I0167.jpg

「つい先日買ったスピードメーターで、どれだけの距離走ったか確認するかな…出発前で47.35kmっと」

CA3I0168.jpg

「とりあえず金山の方へ向かって…あれ、気づいたらナゴヤ球場に(;´∀`) ルート上にはないはずなんだけど…でも、一通りみてみるか。」

「試合がない日の朝となると静かやなぁ…近くの公園も普通の休日モードだし。そんな中でも球場の中では何人かキャッチボールしてたなぁ。彼らにとっちゃ、野球することが仕事なんだよなぁ…」

CA3I0170.jpg

「バイパスのところによく歩行者用の階段があるけど、ここまで急なのはみたことない。自転車で降りようとしたら、前輪が地面に降りたところでそのままつぶれそう(;´∀`)」

「うーん、最終的には名四国道に出るはずなんだけど、いつまでたっても道路標識に出てこない…とりあえず西には向かってるはずなんだがなぁ」

「庄内川到達っと…あれ、河口があんな遠くに(゚д゚)!もっと海沿いを走るはずなんだけど…やっぱ北に行き過ぎたな。川に沿って海に向かうかぁ(;´Д`)」

「( ´Д`)=3 フゥ、なんとか名四国道についた…大型トラックの多さと、歩道に寄せられた砂利…いかにも運送用って感じですなぁ」

CA3I0172.jpg

「”市”がおおきい。…って安達祐実かいな」

CA3I0173.jpg

「県境到達~。それにしても目当てのプールがみえんのぅ…あれ、遠くに見えるジェットコースターっぽいあれかいなΣ(´∀`;)」

CA3I0175.jpg

「さすがに木曽川の下流となると川幅大きいなぁ…川の上を走ると風がひんやりしてて涼しいのぅ、生き返りますわ」

「なんだかんだで巨大プール到着…3時間ちょいってところかの」

「さて流れるプールを満喫っと…まぁまぁの人の入りかな。夏休み前だしねぇ…そこそこスムーズまわれてしまった」

「帰る前に温泉につかるかな…熱っ!ここの風呂は短期集中型向けかいな(;´Д`) 長居するには熱過ぎでんなぁ…回転率狙いかしらん。それでも渓谷って感じの庭はよくできてますなぁ」

「…パイン牛乳(゚д゚)ウマー パインと牛乳の割合がちょうどいいのと、瓶の冷え方が素晴らしい…瓶牛乳が何たるかをよくわかってる感じがする。ついでにコーヒー牛乳も頼んでみるか( ´∀`)…こっちの冷えはそこまででもないなぁ。パイン牛乳とは別の冷蔵庫かしらん」

「すっかり肌も焼けてしまったが…帰るかっ」

CA3I0179.jpg

「青空に映える赤い鉄骨って感じですのぅ。」

CA3I0184.jpg

「新川の河口付近かな…ここもまた大きいですのぅ。」

CA3I0187.jpg

「名古屋中心街に到着…このあたりも所々小川がありますねん」

CA3I0188.jpg

「森の中を走ってる感じがして涼しい( ´ー`) …坂はきついけど(;´∀`)」

CA3I0190.jpg

「メーターは133.88km…往復で86.53kmか。googlemapだと片道40kmちょっとのはずだったけどなぁ…寄り道したとはいえ(;´Д`)」



 自転車であちこち行く時、概ねのルートをgooglemapで確認してから出発するのですが、その覚え方もおおざっぱで。概ね西に向かえばいいかぁ、最終的に名四国道に入ればいいかぁ、長島って地名が見えたら左に入ればいいかぁ、くらいしかなくて。そんなもんだから方向が微妙にずれたり変な所で迷ったりするのですが…そーいうのもまた面白いと思ってしまうもので。カーナビの便利さが奪っているものって、きっとこーいうのなんだろうなと。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。