スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中身のある2得点~2009日本シリーズ第6戦~

2009年11月07日 21:53

たまりにたまったコメントを返しながら観ていた今日の日本シリーズですが…
巨人の得点の取り方が見事だったなぁと。

二塁打で出塁した亀井が、谷のピッチャーゴロの間にうまく三塁へ進み、その亀井を返すに十分すぎる打球を飛ばした阿部の1点目。

五回裏に一死二塁のピンチから稲葉、高橋を凡退させた直後の六回表、二死から二本のヒットで一点を挙げた攻撃…松本の足と、一塁から一気にホームまで走らせた判断のよさが導いた2点目。

ホームランで1点というのもスゲェって感じでいいのですが、今回の2点はいずれも中身が濃い感じで、しかも点を取るタイミングがまた絶妙で…点を取る毎に勝利へ着実に近づいてる感じがして、見事な攻撃だったなぁ、と思いました。
日本ハムも元々そういう攻撃ができるチームなのですが、その象徴である稲葉がチャンスの場面でアウトローを見逃す展開となると…(;´∀`)
ロッテ首脳陣、稲葉には決め球をアウトローにっと((φ(・д・。)ホォホォ

大砲ばかり取ってくる姿勢に嫌気がさして巨人離れした90年代を思い出すたび、
今の原巨人はその頃よりも私好みの方向にシフトしていってるなぁ、という印象を受けました。
…まぁ、いまさら鞍替えする気も起きませんが( ・∀・)アヒャ
スポンサーサイト

vsファイターズ(第2回戦)…レフトポール際からみた花火大会

2009年04月08日 23:37

東京ドームについた2回表の時点で0-3だったのを思うと…負け試合のなかでは当たりの部類でした。どうも、コゲチャです。
稲葉3発に小谷野2発…ロッテも負けずに大松サブローがそれぞれ同点2ランと、まさに東京ドーム大花火大会状態でした。
2度同点に追いつきながら、その後の攻撃でチャンスをつくるも勝ち越せなかった点と、追いついた後のところであっさり勝ち越しを許した点が、まぁなんとも…(;´∀`)
大嶺…4回裏はきっちり0点で抑え5回表で同点にまで追いついただけに、5回裏は何としても0点で切りたかったところでしょうけど…稲葉はまだしも、小谷野は余計だったなぁとしか(;´∀`)
でもまぁ、小林宏之や小野と比べたらまだ…としか言いようのない体たらく(;´∀`)
2ストライクに追い込んだ後の決め球が何か一つないと…。

打戦の方は…ベニー以外はまずまずって感じかなと。根元に当たりが出てきたのは朗報かなと。
それにしても、井口…きっちり打点稼ぎますなぁ。完全に四番打者ですわ( ゚∀゚ノノ゙パチパチパチ

090408_2121~0001


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。