スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つけ麺だいご…牛のうまみを活かすための辛み

2009年09月06日 22:20

初めて食べた時はとにかく「辛いっΣ(´∀`;)」というインパクトに押されまくって、でもちょっと落ち着くとうまみもあるなぁ、と感じられるようになって…

次に行った時は、スープ割を試したことでのだしのうまみをじっくり堪能できて、めしも発見できて…

今日は、インパクトをしっかり受け止めながら食べたからか、これは単に辛いだけじゃない…むしろのだし特有の”くどさ”を辛みで抑えることで、のうまみをストレートに感じることができる…

このつけ麺はうまい、と改めて( ´ー`)

CA340122.jpg

このお店、当ブログでの登場回数は多いんですけどね( ・∀・)アヒャ
スポンサーサイト

べんてんの塩ラーメン…しょうがの持つ発散

2009年09月02日 22:51

定時で職場を抜けて、神楽坂の辛つけ麺の店を目指したのですが…ついた時点で売り切れ(;´∀`)

たしか夜の部は17時過ぎのはず…どんだけのペースやねん、と思いつつ、高田馬場へ方向転換。

お久しぶりに「べんてん」というラーメン屋へε=ε=ε=┌(o゚ェ゚)┘


めずらしく店の前の行列もなく、すんなり入店。

塩ラーメンの掛札を初めて目の当たりにΣ(´∀`;)

前から目当てだったものの、来る日も来る日も掛札を見かけることがなかったもので、

朝一でいかないとなくなるものとおもってたのですが…(・∀・)ニマ


迷うことなく塩ラーメンを注文。

メンマ、チャーシュー、辛く味付けされたネギ、昆布…

どれひとつとってもエース級Σ(´∀`;)

単品でも十分張り合えるレベルって感じで…。

スープもまた、ラー油やしょうがの辛味も加わり複雑な感じながら、どこか強烈なインパクトがあるわけでもないのですが、どことなく濃厚な感じといいますか…

あっという間にたいらげてしまいました( ・∀・)アヒャ


なんとなく、しょうがの外へ突き抜ける感じの辛味が残ってまして。

そうか、こーいう感じの辛味を世にスパイシーって言うんだろうな…なんて思ったり。


あっちへ行く前に食べる事が出来てよかったな、と思いました( ´ー`)

次こそは辛つけ麺をば!(`Д´)ノ

人生ゲーム~3日間の移動距離が約1500km版~

2009年08月18日 12:50

 14日の朝、仙台までの各駅停車7時間の旅へ。いわき行の各駅停車に趣味の合いそうな少女を見つける。楽天戦への参戦という目的さえなければ「なかまをくわえる」コマンドが発動しないわけでも…ないか(;´∀`) 近くの少女をひとり口説き落とすまで休み

 夕方に仙台駅に到着後、牛たん通りにて念願の牛たん焼定食ヽ( ´¬`)ノ !!
 ぷりっぷりな歯ごたえをじっくり味わいながら、一枚一枚丁寧に…食べ終わった後、少し顎が痛くなったのは年故か(;´∀`) 添えてあった味噌の漬物もいい感じでした( ´∀`)bグッ! 3つすすむ


 試合開始1時間前にKスタ宮城入り。外野指定席の近くで見られる感じはよいのですが…立ちの応援はまずそうな感じ(;´∀`) それでもメガホン応援がありなら声までならありだろう…と解釈して座りながら「SkinheadRunning」を( ・∀・)アヒャ 「SkinheadRunning」をコールしながらウサギ跳びして部屋の中を一周

 試合が終わって仙台駅まで歩き、近くのラーメン屋へ。どうも「辛みそラーメン」が売りらしく、そちらを注文…前にラーメン博物館で食べた辛味噌ラーメンを、よりマイルドにして食べやすくした感じかなと。これはこれで美味しかったですが、となりにあったキムチ入りも試してみたいなぁ、と( ´ー`) 近くのカップラーメンにキムチを入れて完食するまで休み

 0時前の深夜バスに乗って、いざ東京駅。となりの人がしきりにこっち側に入り込もうとしてきたもので…こっちはガード一辺倒。たいして眠りに落ちることなく、5時過ぎに東京駅到着 ̄|_|○
 電車の半値だったものの、こーいうリスクがあるんだよなぁ…と(;´∀`) まぁ、隣が妙齢の女性だとしたら入り込まれてもまんざらではな(ry 4つもどる


 寝ぼけた頭で総武線の各駅停車。ふと目の前に江戸川が移り、昨日みたいにケータイでパシリ…鉄柱がど真ん中に入って御破談(´・ω・`) ただ、これをきっかけに近くのリーマンに話しかけられる。そこからカメラの話やらケータイのアンテナの話やら…なんとなく、楽しいひと時でした( ´ー`)
 ( ゚д゚)ハッ! 話しかけるとはこーいうことか、と。 両隣の人にどうでもいいことで話しかける


 宿舎に戻って昼過ぎまで熟睡という昼夜逆転生活、寝起きのままフクアリへ。開場間際についたのですが…あんなアウェー寄りのところまで行列が出来てるのは、今年一番のような(;´∀`) 行列に並んだ経験話を3つ言うまで休み

 試合終了後、帰りの各駅停車で大学時代の友達とばったり。昔の話やら今の友達の結婚話やら…彼自身は、あの時と変わらない瑞々しい瞳のままだったなぁ…と( ´ー`)y-~ 2つすすむ

 16日の朝、今度は新幹線で仙台へ。あっという間に風景がころころ切り替わる当たりがさすが…と思った次第。自由席はがらがらでした( ・∀・)アヒャ 4つすすむ
IMG_1755.jpg

 試合終了後、横断歩道に立っていると近くのロッテファンらしき人に「クソジアイでしたね」と声掛けられる。「そうでしたね」という言葉すら浮かばず、まだ熱を持ちすぎていた状態の私は「試合の事は…何も言うことないですね」というイミフな回答に。
たしかに傍目から見ればそうなのだけど…少なからず黒い服を着た人間が、そう安々と選手たちをコケにしてしまっていいものか、と。私が観にいった履歴なんてどこにも残らない、でも選手たちは「6点差をひっくり返されたチーム」として記録に残り続ける…そんなチームを愛し続けていられるものだろうか…
 結局、いつものジャケットを羽織ることなく黒い服のままネカフェ経由でホテルに戻る事に。辱めなんざいくらでも受けてやるさ、という心情に。
 近くのビールを飲み干すまで休み、飲み干したら5つすすむ


 17日の昼、仙台駅の牛たん通りにて初めての牛たんシチュー。
 牛たんの繊維が舌のうえでやんわりと崩れる感じは、豚の角煮みたいなとろける感じとはまた違って、品のいいじゅうたんに足を踏み入れる感じといいますか…焼いた時とはまた異なる魅力で( ´∀`)bグッ! 3つすすむ


 牛たんシチューの余韻に浸りながら帰りの新幹線へ。
 …月曜の昼だし指定席の購入は当日でも余裕と思ってたのが大間違い(;´∀`)
 指定席は夕方の便もほとんど売り切れ。
 とりあえず自由席を買い、先頭車両ならどうにかなるか…と思ってましたが、着いた時点で立ってる人でぎっしり(;´∀`)
 以降、2時間ちょい立ちっぱなしに…近くにあった手すりで腕や肩のストレッチしてみたり、別の駅から入ってきた若いねーちゃんが近くに来たもので(;゚∀゚)=3ムッハー状態だったりと、案外あっという間に( ・∀・)アヒャ (;゚∀゚)=3ムッハーできそうなねーちゃんの隣の席に移動


 東京駅に着いたのが15時過ぎ。このまま帰るのもオモシロくない…と、そこから歩いて神楽坂にある辛つけ麺のお店へ(((ヾ(●´Д`)ノ 着いた頃には夜の営業が始まったばかりらしく、夜の客一番乗り(゚∀゚) 四代目の辛つけ麺とコラーゲンボールを注文…コラーゲンボールそのものに味を感じず、それをつけ汁に落とすと白い何かを出しながら溶け込んでる感じΣ(´∀`;) つけ汁を飲むと、どことなくコクが増した…ような気がするようなしないような(;´∀`) でもダシのうまさは相変わらずで…美味しくいただきました。
 ( ゚д゚)ハッ! そういえば昼から牛しか食べてないような!! 丑年の人はふりだしにもどる




 今回の旅は、あまりに副菜って感じの事が多かったもので…ついコマ数もふえてしまい(;´∀`)

神楽坂という選択肢

2009年07月18日 22:26

最寄駅のホームにたどり着いた20時過ぎ。

手にあるのは、初乗り分の切符のみ。

用事といっても、夕食以外にない。


ふと、飯田橋駅という選択肢が浮かんだ。

飯田橋駅からなら神楽坂は目の前。

あそこの辛つけ麺って選択肢もあるなぁ。

牛のエキスが効いたつけ汁…牛めしとセットって手もあるなぁ。


飯田橋に限らず、その気になれば新宿にも中野にも行けたわけですが、

結局、切符通りにひとつ隣の駅へ行くことを選んだのは、

…遠出したい気分じゃなかった、ってだけのような。

神楽坂駅のなぞ

2009年06月30日 23:32

ガキの頃から地下鉄東西線にお世話になった身として、

長年解けない疑問があったのです。


電車の中で見る路線図に、

「進行方向がどっち向きの時にドアが開くか」

というマークがありまして、種類として

①進行方向が→のときに開きます
②進行方向が←のときに開きます
③ダイヤによって開くドアが違います

の3つがあるのですが…このどれにもあてはまらない駅がひとつだけあるのです。

それが神楽坂駅。


①でも②でもなく、しかも③でもない事ってありうるのだろうか…

( ゚д゚)ハッ! 神楽坂駅のなかだけ磁場が変わってて、電車が180度ひねった形で入るとか…

どれだけミステリーなんだ、神楽坂駅(;´∀`)

…と、悶々とした青春時代を送ったものです。


そんな神楽坂駅のなぞを解明したのはつい最近。

確かに①でも②でもなく、行きと帰りで開くドアが一定だから③でもない…

それを可能にする「縦の配置」。

なるほど、確かに誤植じゃなかったんだな…と軽い感動を覚えたものです( ;∀;)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。