スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

90分間に何を観て、どういう感情を抱いたか

2009年09月06日 11:01

久々にテレビ観戦記を書いてみて、同じものを見たと思われる他人のをちら見してみた感想を。

○いろんな人のを見たけど、だいたい「上から目線」だわな、と。税金はたいてオランダまで行かせてやってるんだから、下手な試合したら承知しねぇぞ、的な。ある意味、「クラブ」と「代表」との違いが露骨にでるのはそこなんでしょうけど…「そういや民主党のマニフェストには日本代表にかける費用について書いてありましたっけ?」的ななにか。
「90分走れねぇなんて、根性無しが」というコメントを見るたび、「テルミーガツン」(サントリーのBoss)のCMを思い出してしまったとかなんとか。
内田が明らかにへろへろだったところで「その状況で内田がどこまでできるかを見るテスト」を選ぶか、「他の選手が右サイドバックにはいってどうなるかを見るテスト」を選ぶか、という二択問題のなかから前者を選んだだけということなのか、別の選択肢を考えていたのか、そもそも問題にするまでもないと判断したか…。どうせオランダまできたんなら、阿部か駒野あたりも見てみたかったなぁ…という個人的な感想。
○感情表現の羅列だけってのは、どうしても「(。´σд`)ふぅ-ん」で終わってしまうなぁと。また読もうって気は起きないだろうな、と。表現が面白かったら別でしょうけど。
○「ここが原因だった」とか「ここが試合のポイントだった」とか、自分なりに分析されているところには「なるほど~」と思いながら読んでたなぁと。分析の背後に筆者のアイデンティティ(理想、嗜好など)が見えて、「この人は観察対象としてオモシロそう」と判断したら、その人が書いたものを追いかけるんだろうな、と。「あの人にはあの試合がどう映ったんだろう…」的な興味で。

○それにしても、オランダの3点目には「これぞオランダ」的なものが多分に含まれていたのでは…と直感的に思うところが。守りの数も揃っている状況で、でもボールがたどり着く先では攻める選手が自由になっているといいますか…きっと、クロスが入る前に勝負が決していて、そういう動きをフンテラールが見せていて…というより、オランダというチーム全体が見せていたような気がするのです。
でも、それはボール周りばかり追いかけていても見えてこないもので(;´∀`)
ここがテレビ観戦の限界であって…システム上しょうがないところなんでしょうけど。
(地デジになって、視聴者がいろいろ選択できるシステムができたんだから、いくつかのカメラアングルが選べるようになるといいと思うんですけどね…ボール周りを追いかけるカメラと、グラウンド全体を眺望するカメラと、特定の選手を追いかけるカメラと)

まぁ…人のことあれこれ言っておきながら、自分が書いたのもこんな体たらくですけどね( ・∀・)アヒャ
スポンサーサイト

祝、監獄脱出ヽ( ´¬`)ノ !!

2009年07月05日 10:18

 昨日の夜は、先輩の”突然飲み会”に召集されたもので…大分の試合結果を初めて目の当たりにしたのは6ちゃんのサッカー番組でしたが…
 下村がミドルシュートをふかさず決めたところに、軽く感動を覚えてしまいました( ;∀;)


 坂本和田青木良太が同時出場というのをケータイから確認したのですが、どういう布陣だったかが6ちゃんのだと分からず…センターバックは福元と池田、サイドバックが3人のうち2人として…残り1人は(。´д`) ? 和田が中盤の右サイド?
 こーいう時こそ「現場の情報を知りたいっ」という思いが強くなるもので。

 情報量は、現場>テレビ(音・動画)>ラジオ(音)>文字媒体になるように思うもので…例えばフォーメーションがみたいと思ったとしても、文字媒体でメンバー表しかなかったら、そこから類推するしかなく…テレビでみたとしても、特定の選手しかフォーカスをあてないやり方をとったとしたら、全体の流れは見えづらくなるもので…。
 まぁ、情報量がより限られているからこそできる書き方(確認できなかった所を脳内補填する等)もあるわけですが…。
 現場でみた情報を適当にさばいて文字にするやり方と、出場メンバーとシュート数などのデータのみから脳内シミュレートしたものを文字にするやり方と…なんというか、刺身のような味わいの前者、燻製のような味わいの後者って感じでしょうか。


 何はともあれ、シャバの空気はうまいっすねヽ( ´¬`)ノ !!
 
 (オススメ:3:24あたりから)
 ムーディ勝山もよかったのですけど、ツボにつきささる感じだったのは、私の中ではアイパー滝沢だったんですよねぇ…。

オーストラリアからのお客様

2009年02月11日 18:13

こんな寒いなか、オーストラリアから多くの方々がこられました。

楽しい思い出作ってお帰りいただければと思います…まぁ、残念ながら勝ち点がおみやげになることはないですが(`・ω・´)

以上、現場のコゲチャがお伝えしました。

20090211185812.jpg


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。