スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せかい

2010年01月21日 19:06

私の中の「世界」という言葉の定義のひとつに、「自分の肉体から外側にあるものすべて」というのがありまして。



外側で飛び交っている多種多様な波やら物体やらの存在を、自分の肉体(目や鼻や耳、口や皮膚)から受信して、それを基に「世界」を認識する。

カメラは目を、マイクは耳を、自分の手の届かないところにまで広げていった。これらの存在がなかったら、生まれて一度も行ったことのないハイチという国での地震を認識する事はなかっただろう。

逆をいえば、もしカメラマイク存在を知らなかったとしたら、その人にとっての世界は「自分の手の届くところすべて」ってことになるんだろう。



世界」を認識するという事は、同時に「世界」をあたまのなかで構築する事でもあると思う。

日々刻々の状態を受信し、それらの情報を並べる事で過去からの変化を認識する。

ちょっと前まで野党だったのが、今では与党に変化している。

ちょっと前まで社会主義だったのが、今では民主主義に変化している。

ちょっと前までJ1だったのが、今ではJ2に変化している。

それらの変化を認識するたび、「世界」はあたまのなかで再構築される。



私の体は「世界」とやりとりする事で生命活動を維持している。

もし「世界」が変化したことで、今までのやりかたでは生命活動を維持する事ができなくなったとしたら、

その変化した「世界」でのやりかたを模索する事になるんだろう、その「世界」でも生きていたいと思った場合は。



今はそんな事なんて思いもしないのですが、もし「この世界を守りたい」なんて言葉を口走ったとしたら、

ここでいう「世界」が「地球上にあるものすべて」ってことになるのか、「自分の手に届くものすべて」ってことになるのか…

守りたいと思う存在が自分の手の届くところにあるとするなら、間違いなく後者なんでしょうけど。
スポンサーサイト

vsフロンターレ戦(J1第30節)…確立できなかった”点を取るカタチ”

2009年11月08日 18:18

勝つためには、相手より多く点を取る必要がある。
点を取るカタチを構築できるチームは、それだけ勝ちやすくなる。
負けないためには、相手より点を取られない必要がある。
守るカタチを構築できるチームは、それだけ負けなくなる。

この試合が始まるまで、負けの数だけをみれば、ジェフと2つ差以内のチームは大分を除く17チーム中9チーム。”負けないチーム”として、そこまでの差はなかったんだと思う。
ただ、点を取るカタチを確立できなかった。

今年観にいった試合のほとんどが”勝ちきれない”って印象で…春先に「同点って状況まではつくれるんだけど、そこから勝ちに行くカタチをどう作るかな?」なんて思ってた事が、結局確立できぬままにここまできてしまうとなると、この結果も止むなし…としか。

J1へ戻るには、たくさん勝たなくてはいけない。
全試合数の半分以上は勝たなくては、昇格圏内に踏み込めない。
来年、どういうメンバーになるかも分からない状況だけど…そのメンバーでどう点を取るカタチを構築するのか…どういうサッカーをしていこうとするのか。

一度J2落ちしたあとに、強力な”点を取るカタチ”を構築してJ1へ舞い戻ったフロンターレ
そのフロンターレが二季続けてJ2降格の引導を渡す役になるという事に、何か因縁めいたものを感じるのは気のせいだろうかな、と。


ジェフというチームのアイデンティティを”勝てるチーム”として固めなおして、
J1復帰を目指して頑張ってほしい…というのが、一ファンとしての願いです。
北陸や近畿あたりはここからでも行きやすいので、そちらのアウェー戦には黄色い服着て、ジェフが勝ちぬくべく応援する所存であります( ´・Д・)ゞ!


p.s.
さらなる願いとしては…工藤を中心としたチームとして生まれ変わってほしいなぁ、といったとこでしょうか(;´∀`)
もはやオシムのサッカーが戻ってくる事なんてないんでしょうけど…。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。