スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第756回「人を叱ることが出来ますか?」

2009年06月17日 22:30

叱る…goo辞書にある
「相手のよくない事を責める」
が、そこそこ頭の中とシンクロする感じ、自分の中では。

よくない事…「常識的に考えて」という言葉があまり好きでない私としては、
「(少なからず)自分がされて嫌なこと」
になるのかなと。

責める…他人には他人なりの流儀があるわけで、
それをなし崩し的に責めるのは好きじゃない。
かといって、無条件に称賛する気もないのですが。
「そういうのって、俺の中では黒だ」
というのが関の山。それ以上もそれ以下もない。
叱る事の目的が他人に方針転換を求める事とするなら、それで十分な気もしますけど。

怒る…自分の中の感情メーターが、ある方向に触れたとき。
自分のなかで「許せない」まで来たとき。
ある意味、他人に方向転換を求める事も可能である。かえって効果的な時も。
ただ、目的もなくエネルギーをたれながすだけだと、それは騒音にすぎなくなる。
騒音からは不快しか生まれない。

結論…もともと怒るのは苦手。


こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です! 今日のテーマは「人を叱ることが出来ますか?」です。 人を叱ったり、諭したりするのって難しいですよね。怒るのではなく・・・叱ることが出来るようになりたいと思います。水谷には、まだ、子どもがいませんが子どもを育てたりすると、叱ることが出来ないといけませんよね。気分次第で�..
FC2 トラックバックテーマ:「人を叱ることが出来ますか?」


スポンサーサイト

正義と書いてまさよしとよむ

2009年01月31日 11:26

 小さい頃、親の影響(というより母親のみ)により数々の戦隊モノ・仮面ライダーモノ・ウルトラマンモノを見てきたのですが…登場人物の色の違いこそあれ、ある人は地球のため、ある人は愛する人のため、ある人は自分のため…それぞれにとって”守るべき存在”のために戦う姿というのは、どの作品にも描かれているもので。
 それは”正義ヒーロー”と戦う”悪のヒーロー”にも、”守るべき存在”があったりするわけで…まぁ、”悪のヒーロー”にどんな”守るべき存在”がいたとしても、地球を支配しようとしたり愛する人を苦しめようとする時点でテレビの中では”悪人”のレッテルを貼ってしまうのでしょうけど(;・∀・)

 ”守るべき存在”、それは”地球”だったり”愛する人”だったりと目に見えるものもあるでしょうし、”正義”とか”信念”とか呼ばれる目に見えないものもあるでしょうし。それをかたくなに守ろうとすると、他人からは”頑固”だの”カタブツ”だの言われるのでしょうけど…。
 かたくなに守ることによって得をする時もあれば損をする事もあり、その逆(何も守るものを持たない)もまた然りでしょうし。肝心なのは、「どっちを貫いた方が、自分の中でよりスッキリするか」という事だと思うもので。

 結局何が言いたいかといえば…
 「その気があるのなら、多少つまづいても気にせず走ってみるのも道なのでは?(むしろつまづかない事の方がまれ、というかあり得ない)」
 「いつまでも理由なく怒る人間はいない(怒ってるのがいつもの人は別)」
 「助けを借りたい時は、いつでも言ってくれ(特攻野郎Aチームオープニング最後の一言)」


 ( ̄0 ̄;アッ タイトルと言いたい事がつながってないw
 所詮これも親の教育のたまもn(ry




これを書いたのは2007年5月。
一時プチコミを離れていた方が戻ってこられたことがありまして…ただなんか、「何かがないがしろにされている」感じを受けたもので、それをあの方に伝えたところ…(´-∀-`;)
まぁ、「強く思う事があるのなら、人から何言われようと貫いてなんぼじゃね?」みたいなことをいいたかったような。
まぁなんというか…慌ててますな(;´∀`)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。