スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vsサガン戦(J2第2節)…目指すはゼロトップ?

2010年03月15日 20:40

IMG_0643.jpg
ホームで勝てたのが何より大きいかなと。どうも、コゲチャです。
それにしても、ホームの開幕戦で勝ったのっていつ以来でしょう…昨年はガンバにコテンパンでしたけど(;´∀`)

●フォーメーションは4-1-4-1。GKに岡本、最終ラインには左からアレックス、ミリガン、茶野、坂本。中盤の底に山口、その前に深井、勇人工藤米倉。そして最前列に
●対するサガンは4-4-2。引き気味に守って、ボールを奪ったら最前線の豊田or萬代にボールを預けてから速攻って感じ。豊田のキープ時の強さが印象に残ったような…よくファールをとられてましたが(;´∀`) ただ、ゴール前にたどり着くまでのどこかでパスミスして流れが切れてしまってたような。
●前半は引き気味のサガンに対し、”中盤の選手(工藤、深井、米倉…時折山口も)や坂本の裏への飛び出し”+”後方からのロングパス”で敵陣に入り込もうとするも、パスが合わずにサイドを割る事しばし(;´∀`) また、が中盤までおりて三人くらいで細かくつなごうとするも、のところで詰まってしまう印象で(;´∀`) パスのコースを見つけるまでに少し時間がかかってるような…その間に相手に詰められると。ただ、ヘディングでのパスはいいコントロールでしたけどね( ・∀・)アヒャ 細かいつなぎのところは、もっとオートマチックにできればいいんでしょうけど…決め事でガチガチに固めるとか。そんな詰まり感のある前半。
●後半開始早々、ジェフが速攻からチャンスをつくる。左サイドから中央の工藤へ手早くボールが回り、工藤から右前方へシンプルなスルーパス。これに反応した米倉が落ち着いたトラップから低いシュートを放ち、GKの右下を抜けて先制ゴールヽ( ´¬`)ノ!! この2分後にも似たような展開に。中央の勇人からの右前方へのスルーパスを米倉が受け、今度はGKの頭を抜くループシュートで2点目ヽ( ´¬`)ノ!! 後半早々に2点のリードを奪う展開に。
●その後、サガンは次々と交代カードを使い、たまに綺麗なダイレクトパスが決まってチャンスをつくるも放つシュートが枠の外(;´∀`) 対するジェフも時折カウンターから深井やアレックスが惜しいシュートを打ったり、右サイドを細かいつなぎで攻めあがってクロスをあげたりするも、ゴールまであと一歩届かず…そのまま2-0で終了、J2初勝利を飾るのでしたヽ( ´¬`)ノ!!
●個々の選手でいくと…弾丸ロングスローと相手をなめた感じの守り方なミリガン、相変わらずいい潰しな山口、得点シーン以外でも”スペースへ置くパス”が効果的だった勇人、後半に入っても攻撃意欲にあふれる両サイドバック、遅攻で細工師ぶりを発揮する工藤、さかんに中盤に戻ってパス回しに加わる一方で、ゴール前ではクロスに合わせようと体をひねったりと縦横無尽なって感じですか。工藤については、10回に3回くらいはドリブルで抜きにかかる姿勢を見せとくと、他の仕掛けがより利いてくるのになぁ…と(;´∀`)
の動きで興味深かったのは、ポスト役としてゴールを背にしたパスよりもゴールと向き合う姿勢でのパスの方が多かったこと。ちばぎんカップでも見られたことですが、1トップとして中央最前線に固定って感じではなく、中盤やサイドへ流れたりって感じで…ニュアンスとしてASローマの”ゼロトップ(1トップに位置するトッティが中盤に下がってプレーし、空いた最前列に中盤の選手が飛び出す形)”に近いのかなと…ただ、それをやるにもトッティみたいなタイプじゃないような(;´∀`) こーいう足元プレーならむしろネットの方が上手そうな気も。
今回の試合は速攻から得点できたものの、相手が引きっぱなしな場合には速攻も難しいわけで…相手の引きこもり守備をどう崩すか、どう相手を走らせて隙を作らせるかが安定して勝っていく上では大事なわけで。それを成す上でのポイントの一つが巻のパスだったりするのかなぁと。
…当然、巻が下がって時間を作る間にゴール前へ誰かが攻めあがる必要もあるわけですが、そのあたりもどうなのかなぁと。
鹿島みたく”セットプレーで安定した得点”というわけにはいかなさそうですし…昨日の試合を見た限り(;´∀`)

IMG_0646.jpg
IMG_0654.jpg
IMG_0656_20100315175516.jpg
IMG_0657.jpg
IMG_0670.jpg
IMG_0683.jpg
IMG_0686.jpg
スポンサーサイト

2010ちばぎんカップ…さながら”プチバルサ”?

2010年02月23日 17:11

IMG_0602.jpg

私好みなサッカーでなによりなにより( ・∀・)アヒャ どうも、コゲチャです。
午前中にユナイテッドパークで練習試合(vsFC相模原)をやってまして、行列の抽選券を手にした私もしばし観戦してたのですが、その試合には中後や池田、谷澤やネットなどスタメンクラスがぞろぞろでてまして…ちばぎんカップもまたテストマッチの一つって感じなんだろなとφ(゚Д゚ )フムフム
フクアリのスタメンは、比較的移籍組が多い印象でした。

○フォーメーションは4-1-4-1。GKに岡本、最終ラインには左から渡邊、益山、茶野、坂本。中盤の底に山口、その前にアレックス、勇人工藤、深井。この四人が流動的に動いてジェフの攻撃を作っていた印象。最前列には巻。巻も前に張るだけでなく中盤に下がってパスの的に加わったり、サイドに流れてクロスを上げたり(それに飛び込むは深井)と幅広く動いていた印象。
レイソルのフォーメーションは4-4-2。スピードに乗って縦へ突き進み、つまったらサイドを変えてた感じ。スタメンに出ていたMF林…体の大きさを生かしたボールキープとドリブルの仕掛けに怖さがあったかなと。あと、MF沢の運動量と神出鬼没なゴール前への飛び出しが印象的で、試合開始早々に林からのクロスをファーサイドからきた沢がフリーで頭に合わせた先制点のシーンには、「今日何点取られるかな(((( ;゚д゚))))アワワワワ」と思ったような。
○ただ、先制された後はだいたいジェフがボールを支配する展開。ボールの近い位置に2~3人寄って、その中で細かいパス交換で相手守備陣をゆさぶって、機を観て縦へ勝負パスを通す感じ。工藤とアレックスが中心にいて、そこに勇人と深井、またサイドバックの渡邊と坂本が絡んでくる感じ。たまに巻も入ってくる。前半に決まったアレックスの同点ゴールも、細かいつなぎでレイソル守備陣に穴が出たところを2度(?)のワンタッチパスでシュートレンジまで運び、最後はゴール前に入ったアレックスが流し込むだけ。シュートまでの四手前あたりからのリプレイをみてみたいシーンでした。こーいうサッカーだと工藤の細工師ぶりが存分に生かせるなぁと。
○後半もジェフが主導権を握ってレイソルがカウンター気味に攻める展開。何度かPAの深い位置までボールを運ぶもフィニッシュのところで合わない感じのジェフ(;´∀`) あのなかの一本だけでも入っていればもっとラクに勝てたろうに…。レイソルのカウンターもフランサが絡むと危ない感じでしたが、やられた時間は短かった印象で。無理にドリブルで突っかけてこなかっただけかしら…と。結局後半はスコアレス。そしてPK戦へ。
○PKの方は柏GK菅野と岡本が互いに止め合う展開Σ(´∀`;) 同点で迎えた5人目、フランサをシュートを岡本が止め、その後巻が右上へシュートをたたき込む。そんなこんなで今年のちばぎんカップジェフのモノにヽ( ´¬`)ノ!!
○個々の選手をみると…アンカーだった山口の見事な仕事ぶりにびっくり∑(゚ω゚ノ)ノ 攻めでは無駄に突っかけることなくボールを落ち着かせてから安全にパスを散らし、ここぞの場面ではPA近くまで飛び込んでシュートを放つ。守りでは相手ボールになってからの攻撃の二手目あたりに先回りしてボールをカットしまくってたような。それがジェフの波状攻撃につながったわけで…体がそこまで大きくないもので当たり合いになるとどーかな?と思いますが、”ぼやをいち早く見つけては消す”感じの仕事ぶりでした。あと、勇人の攻撃におけるファンタジスタぶりも見事で∑(゚ω゚ノ)ノ ”1対1を仕掛けて抜く”感じというより”2対2ないし1対2あたりの局面でうまくすり抜ける”感じといいますか。シュートはほとんどなかったのですが、何度もゴール近くまでボールを運ぶ姿が見られまして。仕掛けられる人として重要なピースになりそうだな…という印象でした。
両サイドバックもなかなかの動きだったような…渡邊は落ち着いたプレーで何度か深いところまで攻め上がってクロスをあげてましたし、坂本隊長もインターセプトに体のキレを感じましたし。あとは茶野と益山の両センターバック…立ち上がりに澤にやられた時には「どうなる事やら(((( ;゚д゚))))アワワワワ」と思いましたが、その後は無難に処理してたような。後半終盤には、それぞれドリブルで敵陣に攻め上がるシーンもあったような。
○やりたいサッカーがよく伝わってきて、移籍した選手たちもそれなりにはまってる印象で、かなり出来上がっている印象でした。あとはフィニッシュの場面ってとこでしょうけど…「いいサッカーだったけど結果引き分け」なんて事にならない事を祈るばかり(-人-)・・

IMG_0605.jpg
IMG_0609.jpg
IMG_0624.jpg
IMG_0626.jpg
IMG_0627_20100222144336.jpg
IMG_0631_20100222144415.jpg

twitter小咄をば(ハッシュタグ、中国戦、パンヤ)

2010年02月07日 00:29

twitter小話を三つほど。

ハッシュタグ探し
twitterには#●●●とつけることで発言にタグをつけられる機能(ハッシュタグ)があるそうで…なじみある言葉でハッシュタグになってるものがあるかどうか、思いつくままに検索をかけてたらいくつかでてくるもので( ・∀・)アヒャ
とりあえず見つかったものをば。
tnk、maaya、prfm、pangya、kaera、pingpong、rotte、chiba、ero、drive、deai、blog、diet、soccer、nadeshikojapan

◎サッカー日本代表
現地で見てたら気温と試合内容の相乗効果で凍え死んでも不思議でなかった日本vs中国ですが、テレビつけながらtwitterをちくちくみてると、現地で見てる人のつぶやきがリアルタイムに入ってきまして…鋭い意見も垣間見ることができて、それはそれで楽しい観戦だったなぁと。
さて、twitterにもちょこっと書いた感想をこちらでもまとめてみますよっと。
日本vs中国印象まとめ
<前半終了時>
○中国の4-4ラインがきれい ○枠に行かないシュート ○1on1が少ない、というか消極的 ○大久保の存在意義って一体… ○後半の打開策:岩渕の途中出場しか( ・∀・)アヒャ
<後半>
○楢崎セーブキタ――(゚∀゚)――!! ○きれーな崩しやなぁ… ○大久保さん、歩いてる場合では(;´∀`) ○中国の最終ライン中央に4、5人ほど固まる日本攻撃陣。そこから散開するのが岡田ジャパンの攻撃の形ですかねっと((φ(・д・。)
<後半終了時>
○楢崎MVP ○チャンスの数はそれなりだろうけど、形が同じでは相手にも対応されるかと(;´∀`) やっぱどこかで1on1へ分岐する必要があるのでは? ○使われる側スペシャリスト、羽生が必要。工藤もいいなぁ。 ○岡崎にインタビューさせるのは卑怯。

twitter仲間とのパンヤ
サッカー観戦終了後、プチコミ時代からの知り合いでありtwitter仲間でもある、ききちゃまとくっきちゃまと数時間ほど対戦をば( ・∀・)アヒャ 3人で対戦やるのも意外とこれが初めてで…同じクーでも微妙に雰囲気が異なり、微妙に攻め方も異なり…いろいろと楽しめましたとさ( ´ー`) この雰囲気なくしてあのマグレショットは生まれなかったのではなかろうか、と( ´ー`)y-~
pangyaGU_160.jpg
pangyaGU_161.jpg
pangyaGU_163.jpg

vsフロンターレ戦(J1第30節)…確立できなかった”点を取るカタチ”

2009年11月08日 18:18

勝つためには、相手より多く点を取る必要がある。
点を取るカタチを構築できるチームは、それだけ勝ちやすくなる。
負けないためには、相手より点を取られない必要がある。
守るカタチを構築できるチームは、それだけ負けなくなる。

この試合が始まるまで、負けの数だけをみれば、ジェフと2つ差以内のチームは大分を除く17チーム中9チーム。”負けないチーム”として、そこまでの差はなかったんだと思う。
ただ、点を取るカタチを確立できなかった。

今年観にいった試合のほとんどが”勝ちきれない”って印象で…春先に「同点って状況まではつくれるんだけど、そこから勝ちに行くカタチをどう作るかな?」なんて思ってた事が、結局確立できぬままにここまできてしまうとなると、この結果も止むなし…としか。

J1へ戻るには、たくさん勝たなくてはいけない。
全試合数の半分以上は勝たなくては、昇格圏内に踏み込めない。
来年、どういうメンバーになるかも分からない状況だけど…そのメンバーでどう点を取るカタチを構築するのか…どういうサッカーをしていこうとするのか。

一度J2落ちしたあとに、強力な”点を取るカタチ”を構築してJ1へ舞い戻ったフロンターレ
そのフロンターレが二季続けてJ2降格の引導を渡す役になるという事に、何か因縁めいたものを感じるのは気のせいだろうかな、と。


ジェフというチームのアイデンティティを”勝てるチーム”として固めなおして、
J1復帰を目指して頑張ってほしい…というのが、一ファンとしての願いです。
北陸や近畿あたりはここからでも行きやすいので、そちらのアウェー戦には黄色い服着て、ジェフが勝ちぬくべく応援する所存であります( ´・Д・)ゞ!


p.s.
さらなる願いとしては…工藤を中心としたチームとして生まれ変わってほしいなぁ、といったとこでしょうか(;´∀`)
もはやオシムのサッカーが戻ってくる事なんてないんでしょうけど…。

vsモンテディオ戦(J1第27節)…明日なき戦いを続ける意義とは?

2009年09月27日 01:03

IMG_1981.jpg
フクアリでの観戦はおそらく今季ラスト…というよりしばらく行けなくなりそうで(;´∀`)
それもあって、「この試合から少しでも光を見つけよう」といつも以上に目を凝らしたのですが…映ったのはステディなモンテディオと、勢い任せな攻撃にしか頼り所のないジェフだったもので。

モンテディオのみせるサッカー…サイドからの攻め上がり時にみせる2~3人のスムーズなコンビネーション、ジェフの攻撃の選択肢を瞬時に閉ざすプレス、そつなくワンタッチでつなぐパス…「チームで戦っている」感じがありました。
それと比べるとどうしても、チームとしての攻めになってないジェフに見えてしまい(;´∀`)
ミシェウ工藤がよく動いて細かいパスをつなぎながら組み立てるのですが、パスをもらってから次の動きに移るまでの間が微妙にできてしまう感じで…その間にモンテディオ守備陣に挟まれてる感じで(;´∀`)この間が相手を惑わすためのものならいいのですが…どうみても迷っているようにしかみえないかなと。
細かいパスを数多くつないで攻めるとなると、スムーズな意思疎通とボールの動くテンポが命かなと思うのですが…まだ”にわか感”が否めない感じで。
それでも、私は個人で攻めるよりもチームで攻める方が好みなもので…。


アレックス・ミラーが入ってから、ジェフの「明日なき戦い」が本格始動したような気がする。
そこにあったのは深井の特攻であり谷澤の突破でありミシェウのドリブルであり…個々の武器をそのまま出す攻撃だったような。
アレックス・ミラーのコーチングのおかげかアドレナリンでまくりな攻撃陣が躍動し、結果5連勝があり、最終戦の奇跡があり…
ただ、個人主体の攻撃で1シーズン押しきれるほどの力はなかったわけで…フロンターレにはなれなかったわけで。
チームとして攻める形をいくつか模索しながらも貫き切れないままに、アレックス・ミラージェフを去り、江尻監督にバトンが渡され…

ジェフにとっての「明日なき戦い」は、いつまでつづくのだろう。
残留が決まるまでつづくのだろうか、残留の道が閉ざされるまでつづくのだろうか、
今、一番心配なのは、
その日の試合に勝つことに集中しすぎることで、ジェフとして目指したいスタイルを見失うこと。
そもそも今のジェフフロント陣にとって、ジェフとして目指したいスタイルをどうイメージしているのだろうか、
今のジェフがそのスタイルに近づいていると認識しているのだろうか、

今のサンフレッチェをみるたび、
目指したいスタイルが明確であるのなら、そのスタイルに近づこうとすることもまた大事なのではなかろうか、と思うもので。
たとえ、今季の結果がどうあったとしても…。

まぁ今のままだと、
残留できても、また明日なき戦いを延々と繰り返すだけでしょうし、
降格となっても、拠り所なきまま延々と二部に居続けることになるでしょうし。


やはり工藤を”軸”とした細かなパスワークに谷澤や深井、巻らの個性を織り交ぜ”チーム”として攻める形を構築するしかないように思うのですが…(工藤自体は指揮者というよりはHUBみたいな位置付けがハマり役かなと)
そのイメージだと、どうしても中後より下村になるわけですが…


たとえその時に強くても弱くても、「ジェフってここだけは他のチームに負けないんだ、ジェフはこーいうサッカーをやるチームなんだ」と言えるチームであってほしい、と思います。
そうなりそうな気配が微塵もなくなった時、ジェフから足を洗うしかなくなるのかな…と。

IMG_1984.jpg

IMG_1986.jpg

IMG_1987.jpg


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。