スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vsアルディージャ戦(J1第22節)…パスを受ける動きの質

2009年08月23日 00:57

IMG_1811.jpg
バイアーノの来日初ゴール…リードしていた時間帯が30分もあっただけ半歩前進、ってとこでしょうか。どうも、コゲチャです。

○この日のフォーメーションも4-4-2。GKには櫛野亮。DFには坂本・池田・ボスナー・青木良太。ボスナーが久々のスタメン、動きにキレがあったような。MFは中央に中後と下村、左に深井、右に大田。FWは左にバイアーノ、右に巻。
アルディージャのフォーメーションも4-4-2。基本は2~3人のコンビネーションを基本としてサイドを崩してクロス、といった攻め方…FWのラファエル・藤田は時折中盤近くに下がって攻撃の組み立てに絡んでたような。ワンタッチパスが小気味よくつながる感じで、難易度の低いパスをこつこつつないでいる印象…パスを受ける選手の位置取りによるのかなと。
ジェフの攻撃も中央なりサイドなりの狭い空間に選手を集めて、細かいパスをつないで組み立てる感じなのですが…時折難しいパスを出してはカットされる展開に(;´∀`) 傍目には「なんでそんなパス出すんだよ」と見えるのですが…要は難しいパスを出すしかない状況に追い込まれた、つまりはパスを受ける選手が楽な状況を作れなかったからなのでは、と。
○受け手が出し手を楽にするには、”相手と味方の位置関係を踏まえた上での適切な位置取り”と、”位置を見つけてからそこに移動するまでの早さ”にかかっているように感じるもので…ジェフの攻撃を見ていると、確かに選手は集まっているのですが、その位置取りがごちゃっとしてるといいますか、有機的なつながりを感じないといいますか…おまけに相手を揺さぶるようなフリーランニングもみられず、結局は足許へのパスばかり…んで、手詰まり気味の難しいパス、という感じで(;´∀`)
こーいうサッカーだとまさに工藤の真骨頂って気がするのですが…今回のスタメンは両サイドとも”独力で突破できるタイプ”を並べていただけに、もっとシンプルに縦を突くサッカーでもよかったと思いました…今回だと、自分の得意なパターンに入るまで待ってるだけのようにも見えてしまって(;´∀`)
○その点、アルディージャのパス回しには練習したパターンを忠実にやっている印象を受けました。慣れているやり方だから判断の必要な要素を減らせる分早い判断ができますし、ミスも減らせますし…。ただ、今回のアルディージャについてはその”パターン攻撃”のみだった印象で。前に対戦したときみたいに変化をつけられる存在がいれば、さらに怖かったのですが…その意味で藤本の不在は大きいんだろうなぁ、と。
○それでも終盤はジェフの運動量がアルディージャを勝る展開となり、ジェフが攻めまくる流れに。国立でのFC東京戦を髣髴とさせる雰囲気がでつつあったのですが…PA内でのシュートに消極的な姿勢が目立ちまして(;´∀`)
ふと、「俺が試合を決めてやる、という気持ちで打席に立ちました」とヒーローインタビューで話す高校球児が頭に浮かんできたもので…「自分のシュートで試合を決める」という意識を強く持ってほしいと思うのですけどねぇ…中後
点を決めない限り勝てないのですから…勇気を持って勝ちを掴み取りにいけるかどうかってところを、サポーターは敏感に感じ取るもんだと思うもので。
○試合内容からみれば、1-1は順当なところかと思いますが…どうにかしたかったのが本音ですねぇ。もっと勝ちを強く求めてほしいかなと…その気にさせるのもサポーターの役目かと思いますが。
あと、技術的なところだと…細かくつなぐときのパターンを確立しておく必要があるのかなと。
IMG_1815.jpg
IMG_1819.jpg
IMG_1820.jpg

○最後に…これはあまり書きたくないことではありますが、ゴール裏目線から見てあまりにひどい偏りっぷりなジャッジメントだったもので…柏戦の時といい、もはやJFAがジェフ潰しに躍起になっているとしか思えないようにも。今度そんなふりが見られるようなら、無駄に立派といわれるJFAビルの爆破も考えないことも…なんて書いたらポリスメンにマンマークされちゃいますかね(;´∀`)
岡田正義、お前もか」
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。