スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子ども見学デー

2009年08月21日 02:10

夏休み明け一発目の仕事にして、今月最大の山だった「子ども見学デー」

3時間ほど、ある実験ブースで子どもたちと応対する役回りなのですが…


その実験、少々技術的に難しいところがありまして(;´∀`)

事前の練習ではほとんどうまくいかなかったもので…これで実験回せるかしら?と内心カタカタ(((;゚;Д;゚;)))カタカタ状態で本番を迎えたわけですが…

本番はほぼ成功( ・∀・)アヒャ

どうも、数こなしたことでコツをつかむことができたようです。


3時間のうち、初めの1時間は私が実験担当、もう1人が説明担当の分業制がうまくハマり、私は黙々と技術をみせる感じで済んだのですが、

残りの2時間は、もう1人が別のセクションを受け持つこととなったもので…私一人で説明&実験をば(;´∀`)

近づく子たちに問題出して、実験を見せて、子どもたちにもやらせてみせて…

子どもたちにとっても珍しい機械なもので、どの子も熱心に実験に没頭していたような。

…あまりにハマりすぎて、実験をやるためだけに戻ってくる子もいたような(;´∀`)

…恐ろしくハマりすぎて、私の手伝いをしようとする子もいたような(;´∀`)


正直、私の方は「実験ができた」事に喜びを感じすぎていたもので、

”実験”そっちのけで”遊び”感覚になってしまったところもあったような。

どの子も楽しんでくれてたようですが、肝心どころを覚えてくれたかどうか…


でもまぁ…予想以上に楽しんでしまいました。

”一緒に不思議さを共有しながら楽しむ”ところはどうにかなった…気がしますし。

あと、子どもたちがみせる、不思議なものに出会った時の反応や、実験ができるようになった時の反応は、どれもつい(*´ェ`*)ポッときてしまうものがありまして。

…その時々に「子ども( ゚д゚)ホスィ...」と思ったとかなんとk(ry
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。