スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第858回「味覚に自信ありますか?」

2009年11月28日 13:19

(。-`ω´-)ンー、ガキの頃はよくいろんな実験作を食べさせられたような…その時に「この組み合わせは(・∀・)ナイネ!!」と思う一方で、その違和感をあまり覚えてこなかった”今まで”を思い出してはガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブルとしたような…。

そんな時代を経てきたからか、味覚はたぶん人並程度にはあるのかな…と(;´∀`)
少なからず甘い・辛い・酸っぱい・苦いについては、ちゃんとわかる気がしますし。
うまいorまずいについては、おそらく「この絵に感銘を受けたかどうか」みたいな話って気がするもので、絶対的な尺度で言えるものでもないと思うのですが…きっと人並よりはストライクゾーンが若干広いかな、という認識が(;´∀`)
ただ、刺激(味・香り)が強すぎるのは苦手かなと。

そういや、独り暮らし始めて自炊するようになったばかりのころ、何にでも”昆布つゆ”で味付けしてたような記憶が。いろんな味のどこかに”昆布つゆ”を感じると、なぜか安心感を感じていたもので…ただ、さすがに毎度毎度やってると飽きが来るもので(;´∀`) それ以来、いろんな種類の調味料をテキトーに混ぜながら作るようにはしてますが…。
スポンサーサイト

舌を鍛えるには、

2009年03月23日 23:27

を鍛えるには、単に”美味しいもの”だけじゃダメなんだよ…時にカップラーメンも必要だったりするんだよ。」

なんかのテレビに出ていたラーメン屋の親父が言ってたこと。

カップラーメンが”まずいもの”の象徴だったのか”体に悪いもの”の象徴だったのかはよく覚えてませんが…そのどちらでもない意味合いにおいて妙に納得いくものがあって、初めて聞いてから数年たった今も、なんとなく頭に残ってるもので。

ジャンルを問わず多種多様な食べ物に接することでいろんな発見や驚きを経験して、そうして初めて鍛えられるものなんでしょうねぇ…


それにしても、あの親父は一体誰なのでしょう…(。-`ω´-)ンー

「まずい」の定義

2009年01月01日 23:51

いろんなところでいろんなモノを食べてる私ですが…「まずい」って言うこと自体はあまりないような気が(;・∀・)

私が「まずい」と思うものは…
刺激が個性的で強すぎる(味、香り、色など)
食材の組み合わせがよくない、いいところを相殺していたり、悪いところを強調しちゃったり
体によくない感じの風味(人工添加物?)
タイミングを逃している(のびた麺、冷めたステーキ)

( ̄ヘ ̄)ウーン パッと浮かぶあたりでこんなとこでしょうか。

 ちなみに「くさい」ものは、食べるとうまいもの(くさや等)もあったりしますので「くさい」だけで即刻「まずい」には入れられません( ゚∀゚)
 あと「味がない」ものは…うまくはないけど、強く「まずい」と思わなさそうな気が(;・∀・)

 「まずい」が見えてくると、そこから自分が何を「うまい」と感じているかが見えてくると思うのですが(o ̄ー ̄o) ムフフ




これを書いたのは2008年2月。
私の趣味に「食べ物屋巡り」がありまして、平日の夜や土日に気になるお店へ行ったりするもので…その感想を日記に書いてたりもしました。
そんな中でふと思った「まずい」の現時点での定義について書いたものです。
美食家と呼ばれる人なんかは、「まずい」ってテーマだけで原稿用紙百枚かけたりもするのでしょうが…私にはまだまだ(;´∀`)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。