スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vsアルディージャ戦(J1第22節)…パスを受ける動きの質

2009年08月23日 00:57

IMG_1811.jpg
バイアーノの来日初ゴール…リードしていた時間帯が30分もあっただけ半歩前進、ってとこでしょうか。どうも、コゲチャです。

○この日のフォーメーションも4-4-2。GKには櫛野亮。DFには坂本・池田・ボスナー・青木良太。ボスナーが久々のスタメン、動きにキレがあったような。MFは中央に中後と下村、左に深井、右に大田。FWは左にバイアーノ、右に巻。
アルディージャのフォーメーションも4-4-2。基本は2~3人のコンビネーションを基本としてサイドを崩してクロス、といった攻め方…FWのラファエル・藤田は時折中盤近くに下がって攻撃の組み立てに絡んでたような。ワンタッチパスが小気味よくつながる感じで、難易度の低いパスをこつこつつないでいる印象…パスを受ける選手の位置取りによるのかなと。
ジェフの攻撃も中央なりサイドなりの狭い空間に選手を集めて、細かいパスをつないで組み立てる感じなのですが…時折難しいパスを出してはカットされる展開に(;´∀`) 傍目には「なんでそんなパス出すんだよ」と見えるのですが…要は難しいパスを出すしかない状況に追い込まれた、つまりはパスを受ける選手が楽な状況を作れなかったからなのでは、と。
○受け手が出し手を楽にするには、”相手と味方の位置関係を踏まえた上での適切な位置取り”と、”位置を見つけてからそこに移動するまでの早さ”にかかっているように感じるもので…ジェフの攻撃を見ていると、確かに選手は集まっているのですが、その位置取りがごちゃっとしてるといいますか、有機的なつながりを感じないといいますか…おまけに相手を揺さぶるようなフリーランニングもみられず、結局は足許へのパスばかり…んで、手詰まり気味の難しいパス、という感じで(;´∀`)
こーいうサッカーだとまさに工藤の真骨頂って気がするのですが…今回のスタメンは両サイドとも”独力で突破できるタイプ”を並べていただけに、もっとシンプルに縦を突くサッカーでもよかったと思いました…今回だと、自分の得意なパターンに入るまで待ってるだけのようにも見えてしまって(;´∀`)
○その点、アルディージャのパス回しには練習したパターンを忠実にやっている印象を受けました。慣れているやり方だから判断の必要な要素を減らせる分早い判断ができますし、ミスも減らせますし…。ただ、今回のアルディージャについてはその”パターン攻撃”のみだった印象で。前に対戦したときみたいに変化をつけられる存在がいれば、さらに怖かったのですが…その意味で藤本の不在は大きいんだろうなぁ、と。
○それでも終盤はジェフの運動量がアルディージャを勝る展開となり、ジェフが攻めまくる流れに。国立でのFC東京戦を髣髴とさせる雰囲気がでつつあったのですが…PA内でのシュートに消極的な姿勢が目立ちまして(;´∀`)
ふと、「俺が試合を決めてやる、という気持ちで打席に立ちました」とヒーローインタビューで話す高校球児が頭に浮かんできたもので…「自分のシュートで試合を決める」という意識を強く持ってほしいと思うのですけどねぇ…中後
点を決めない限り勝てないのですから…勇気を持って勝ちを掴み取りにいけるかどうかってところを、サポーターは敏感に感じ取るもんだと思うもので。
○試合内容からみれば、1-1は順当なところかと思いますが…どうにかしたかったのが本音ですねぇ。もっと勝ちを強く求めてほしいかなと…その気にさせるのもサポーターの役目かと思いますが。
あと、技術的なところだと…細かくつなぐときのパターンを確立しておく必要があるのかなと。
IMG_1815.jpg
IMG_1819.jpg
IMG_1820.jpg

○最後に…これはあまり書きたくないことではありますが、ゴール裏目線から見てあまりにひどい偏りっぷりなジャッジメントだったもので…柏戦の時といい、もはやJFAがジェフ潰しに躍起になっているとしか思えないようにも。今度そんなふりが見られるようなら、無駄に立派といわれるJFAビルの爆破も考えないことも…なんて書いたらポリスメンにマンマークされちゃいますかね(;´∀`)
岡田正義、お前もか」
スポンサーサイト

vsサンフレッチェ戦(J1第11節)…この一戦が劇的によかったわけではない

2009年05月09日 23:57

IMG_1101.jpg
アウェー寄り前方のバックスタンドから、フクアリ初勝利を見届けてまいりました( ´・Д・)ゞ!どうも、コゲチャです。

○この日のフォーメーションは4-3(1-2)-3。GKの岡本、DFの青木良太・坂本・ボスナー・和田はここ数試合と同じ顔ぶれ。MFは下がり目に中後、左にアレックスで右に下村。FWは左に深井、右に谷澤、中央に。てっきり下村が下がり目かと思ったのですが…雰囲気がACミランのピルロシステムみたいで( ・∀・)アヒャ そして中後が”千葉のピルロ”として十二分な活躍をヽ( ´¬`)ノ !! 攻撃では両サイドor前方への正確かつ優雅なロングパス、守備では最終ライン前のフィルターとしてサンフレッチェの攻撃を食い止めてました。
○サンフレッチェ…やはり只者ではないなぁ、という印象でした。
「3バックのサイドの選手ってここまで上がるんだっけかΣ(´∀`;)」
「GKのスローインまでの流れが早すぎだしΣ(´∀`;)」
「ストヤンのスルーパスorサイドへのロングパスこわっ(((;゚д゚)))」
先制点の流れは流麗たるものでした。
○ただ、先制されても動じずファイトしつづけた千葉が少ないチャンスをものにする事にヽ( ´¬`)ノ!! 前半39分には下村から左サイドの前へ出たロングパスを深井がダイレクトでドライブかけたシュート!!少し前目な広島GK中林をループ気味にかわして同点ゴールにヽ( ´¬`) !! さらに前半終了間際、中後が蹴ったコーナーキックをが押し込み逆転ゴールヽ( ´¬`)ノ !! 前半を2-1で折り返すことに。
IMG_1106.jpg
○後半、広島が攻めに攻めまくる展開ながら、最後の一線を余裕をもって踏ませないジェフ最終ライン、ボールカット後のいいリズムで展開されるカウンター、谷澤・深井中後に代わって入った工藤・米倉・斎藤がそれぞれ奮闘してサンフレッチェの攻撃を抑え続け…2-1のままタイムアップとなりましたヽ( ´¬`)ノ !!
IMG_1118.jpg
IMG_1125.jpg
今年初のでんぐりがえし、今年初の良太バンザイ、今年初の俺たちジェフ(`Д´)ノ…嗚呼、やはりフクアリの勝利は素敵の一言に尽きますなぁ( ´ー`)y-~
○試合をまとめると…エスパルス戦で出来てた事がこの試合でも出来ていた、という印象でした。もっといえば、徐々にチームとしての形ができつつあるのかなぁ…と。
今年のちばぎんカップを思い出すと、攻撃でも個人の単発攻めくらいしか手がない感じだったのが、試合を重ねるごとにコンビネーションもよくなってきて、個々の技術が連動することで相手を崩せるようになってきて…中後のロングパス→和田の右サイドからのクロスって流れはしびれるものがありました( ・∀・)アヒャ また守りについても、坂本が緊急配置的にセンターバックについてから、安定感が増したような印象が( ´ー`) 坂本隊長、危険地帯にきっちり顔を出してますし…さすがはミスターポリバレント(=´∀`ノノ゙☆パチパチパチ ま、これをいっちゃうと池田の帰るところがなくなりそうですが(;´∀`) この調子で10連勝くらいいけちゃうのでは、と(゜∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャ
ただ、しいていうなれば…
工藤…時間稼ぎ目当てにゆっくりつなぐのは分かるのですが、10回に1回くらい後ろと見せかけて前へつっかけるプレーがあると、より怖がられるのかなと( ・∀・)アヒャ 大事に行こうとするのは分かるのですが、もう一皮むけるには、ここで攻めの姿勢を見せておくのもいいのかなぁ…と。
IMG_1110.jpg
↑の写真は、ハーフタイム時に斎藤・工藤ジェフからサンフレッチェに移籍した中島・楽山が話しているところで( ・∀・)アヒャ 楽山は途中交代でピッチ上に出てきましたが…もっとリスクおかしてかないと怖さが(;´∀`) ファイト━━(ノ゚д゚)人(゚Д゚ )ノ━━!!
でも、またJ1の舞台で再会できたというのも、趣深いものがありますね( ´ー`)y-~

IMG_1130.jpg

vsフロンターレ戦(J1第3節)…米倉ブレイク(´∀`)

2009年03月22日 20:25

IMG_0832.jpg
前半だけ見ると「勝ち点2つ落とした気分」、後半だけ見ると「勝ち点1つ勝ち取った気分」。
どうも、コゲチャです。

京葉線が強風に弄ばれている最中、マリンスタジアムで4月分のチケットを受け取ってから、J1第3節:ジェフvsフロンターレを観戦に一路フクアリへ。さすがに1時間半前到着となると、ホーム寄りのSA自由席は埋まっちゃうもので(;´∀`)
結局、アウェー寄りの席から観戦|д・)

○この日のフォーメーションは、4-3-2-1っぽい感じ。GKの櫛野、DFの青木良太・池田・ボスナー・坂本はガンバ戦と同じ顔ぶれ。MFは下がり目に下村・中後アレックス、その前に谷澤と米倉。谷澤が左、米倉が右に寄ってた感じ。そして前線には巻。守備時には中村憲にアレックス、ヴィトール・ジュニオールに中後、チョン・テセにボスナー、ジュニーニョに下村(or池田?)がマンマーク気味に張り付く。
○前半はマンマーク気味ディフェンスが効いたのか、川崎のボール回しにリズムが生まれず。唯一、右サイドの森の突破が怖かったくらい。対するジェフは、米倉が谷澤ばりの存在感を発揮。テクニックとフィジカルの強さを生かしてフロンターレ守備陣に囲まれながらもボールを前へ運ぶ。効果的なパスやシュートも見せる。ルーズボールの競り合いも互角の内容。前半、最も輝いていたかなと。(開始直後の谷澤のループもさすがでしたが)
○後半、フロンターレのミドルシュートが目立つ。クリアしたボールもフロンターレにほとんど競り負け防戦一方になるジェフ。ジュニーニョに決められた同点ゴールも”狙いすませた”感じのミドルシュート。同じ形を3度ほどやられてただけに余裕をもたれてしまったかと。その後もフロンターレの攻勢は続き、もはやサンドバック状態のジェフ(;´∀`) 米倉に代わって和田が入ったものの、動きが無難すぎてボール奪取までに至らず。下村に代わって入った工藤は、攻撃の組み立てに絡んでチャンスメイクに貢献。ただ、守備時にルーズボールを”様子見”してしまったのはいただけないかなと(;´∀`)
○選手個々についていくつか…中後の魅せた”前方のスペースへ通すミドルパス”は見事だったなぁと。先制点のきっかけにもなってましたし…こりゃたしかに”ピルロ”やなと(o゚ω゚))コクコク 試合終盤でみせたフリーキックもいいところにいってましたし…期待できますなぁ、と。後半はスタミナ切れしたからか、判断が遅くなってた感じもありましたが…
アレックスは、主にボール奪取に力を発揮、つなぎも十分にこなす。特に前半は守備が目立っていたかなと…逆に後半、前へ飛び出す中村憲に釣られて後ろに下がるようになってからボール奪取するシーンが減ったようにも(;´∀`)
米倉…今回のような4-3-2-1の”2”だと、米倉も活き活きするもんだな~と。フィジカルが強くて技術もあって、プレッシャーを受けながらもぐいぐいドリブルで攻め入る様は輝きを放っておりました。逆に工藤だとプレッシャーを跳ね返すだけのフィジカルが…(;´∀`) 今回なら”3”の方が工藤を活かすことができるんでしょうけど…。
○あと、後半の終盤に入ってから、攻撃の組み立てのところでのケアレスミスが多かったなぁと(特にDF陣)…守り疲れした部分もあったんでしょうけど、あれじゃ(;´∀`)

ガンバ・レイソル・フロンターレ相手に勝ち点2ならまぁまぁかな~という気がします。
次は山形、続いて磐田。初勝利をとれるかどうか、ここが正念場になりそうですねぇ…。
IMG_0833.jpg

IMG_0834.jpg


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。