スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉田は死んでない、ジュニーニョは…?

2011年04月30日 07:51

「庶務系の仕事となると訂正印必要になりそうやな…栄に店ありそうだから、ちょいとチャリでいってみるか。」

「あてにしていた4店全滅(ないorGW休業)かよΣ(´∀`;) こうなるとでかい店に行くしかないか…名古屋駅の高島屋かなぁ」

「高島屋にハンズがあろうとは…訂正印ゲット( ̄ー+ ̄)キラリ 時間も中途半端だし、日本ガイシのプールで泳ぐか…」

「Σ(・∀・|||)ゲッ!!18時に閉まるとなると、一時間も泳げないじゃん…ここまできたんだし、瑞穂に寄るか。」

昨日、瑞穂運動場に至るまでのプロセスはこんな感じだったような…

CA3I0079.jpg

グランパスvsフロンターレ、前節負けて連敗は避けたい同士。フツーに好カード。あと、ホーム開幕なのもあり、14000くらい入ってたようで、私がいたバックスタンドは八割近い入りでした。私はどっち寄りでもないので、気づいた点をさらさらと。

○4-4-2っぽい感じのフロンターレ、とにかくラインが高い。守備時で最終ラインが敵陣に入るくらい。そして前の選手がボールに複数寄って来る感じ。プレッシャーに晒され横や後ろにパスせざるを得ないグランパス、その横パスをさらってショートカウンターをしかけるフロンターレ…といった光景が、前半と後半の初めまで見られるように。山瀬や登里のスピードに乗ったドリブルが効いててエグイまでのスピード感…ただ、フィニッシュが枠に飛ばない。FWの矢島も個で崩しきれない模様。名古屋の大きいCBがしっかり張ってたのもあったけど。
○前半途中で怪我により稲本が抜け、その影響で中盤前目から後ろ目(ボランチ)に下がった中村憲剛、中盤でのショートパスにうまく絡んで前に運んだり、中距離のパスをあっさりと決めたりとなかなかの活躍。ただ、今のフロンターレに縦の意識が強い分、幅が作れないというか…化け物3FWにパスを散らした以前と比べると、前の選手が散らない分横のレンジが限られてて、その分グランパスにカットされてたような。登里がいた前半は、彼がサイドから切り込んでいたので幅を広げる口になってたのですが、後半登里に代わって入ったジュニーニョが、カウンター時にそこまで前を走る感じでなく…。
フロンターレのプレスにペースを握れなかったグランパス、それでも1点をとってしまえるグランパス。後ろからのロングパス→ケネディが収めて後ろに落とす→玉田のビューティフルボレーといった先制点を思い出す度、こーいうのが個の力ってやつかぁと。それ以外はセットプレーしかチャンスを作れてなかったのですが…こーいう点のとり方が出来るのが、強みなんだろなと。二点目は、後半も終わりのほうでフロンターレのプレスも落ちたところでの速攻だったような…流れは先制点と同じくケネディ→玉田だったものの、玉田の切り替えし&冷静な右足(効き足でない)の流し込みは、フロンターレに唯一欠けていたピースだったようにも。結局、玉田復活祭という感じに試合終了。
○怪我で金崎を欠いたグランパス、その中で復活した玉田に注目してましたが…十分玉田らしいプレーができてる印象で。中盤に下がってボールを散らしたりドリブルで持ち上がったりなゲームメイクは藤本のお株を奪うプレー振りで、逆に藤本の居場所がなくなってたような(;´∀`) 金崎が復活したら藤本に代えて玉田でいけるんじゃね?と思わせるプレーぶり。文句なくマンオブザマッチでしょう。あと、よくゴール前まで攻めあがるも肝心のフィニッシュが雑だった薩川も印象的でした。左SBに入ったアレックス、走りあいに持ち込まれることなく、上手さで貢献してたなぁと。
○一方で、後半から入ったジュニーニョにも玉田と同じくらい注目してましたが…ボールタッチの細かさはあるものの、以前みたいな相手を何人も抜き去る感じのキレは見られなかったなと。密集している状況でも強引に隙間をついてくるのがジュニーニョってイメージだったのですが…まだ体がフィットしてないのか、あれが現状の最大値なのか…。
○グランパスは個で点が取れる限りは順調に勝ち点稼げそうだな~という印象、フロンターレは誰か一人フィニッシャーとして覚醒しないとせっかくの運動量も報われないかな、という印象でした。

CA3I0082.jpg
CA3I0084.jpg
CA3I0085.jpg
CA3I0087.jpg
スポンサーサイト

vsフロンターレ戦(J1第30節)…確立できなかった”点を取るカタチ”

2009年11月08日 18:18

勝つためには、相手より多く点を取る必要がある。
点を取るカタチを構築できるチームは、それだけ勝ちやすくなる。
負けないためには、相手より点を取られない必要がある。
守るカタチを構築できるチームは、それだけ負けなくなる。

この試合が始まるまで、負けの数だけをみれば、ジェフと2つ差以内のチームは大分を除く17チーム中9チーム。”負けないチーム”として、そこまでの差はなかったんだと思う。
ただ、点を取るカタチを確立できなかった。

今年観にいった試合のほとんどが”勝ちきれない”って印象で…春先に「同点って状況まではつくれるんだけど、そこから勝ちに行くカタチをどう作るかな?」なんて思ってた事が、結局確立できぬままにここまできてしまうとなると、この結果も止むなし…としか。

J1へ戻るには、たくさん勝たなくてはいけない。
全試合数の半分以上は勝たなくては、昇格圏内に踏み込めない。
来年、どういうメンバーになるかも分からない状況だけど…そのメンバーでどう点を取るカタチを構築するのか…どういうサッカーをしていこうとするのか。

一度J2落ちしたあとに、強力な”点を取るカタチ”を構築してJ1へ舞い戻ったフロンターレ
そのフロンターレが二季続けてJ2降格の引導を渡す役になるという事に、何か因縁めいたものを感じるのは気のせいだろうかな、と。


ジェフというチームのアイデンティティを”勝てるチーム”として固めなおして、
J1復帰を目指して頑張ってほしい…というのが、一ファンとしての願いです。
北陸や近畿あたりはここからでも行きやすいので、そちらのアウェー戦には黄色い服着て、ジェフが勝ちぬくべく応援する所存であります( ´・Д・)ゞ!


p.s.
さらなる願いとしては…工藤を中心としたチームとして生まれ変わってほしいなぁ、といったとこでしょうか(;´∀`)
もはやオシムのサッカーが戻ってくる事なんてないんでしょうけど…。

vsフロンターレ戦(J1第3節)…米倉ブレイク(´∀`)

2009年03月22日 20:25

IMG_0832.jpg
前半だけ見ると「勝ち点2つ落とした気分」、後半だけ見ると「勝ち点1つ勝ち取った気分」。
どうも、コゲチャです。

京葉線が強風に弄ばれている最中、マリンスタジアムで4月分のチケットを受け取ってから、J1第3節:ジェフvsフロンターレを観戦に一路フクアリへ。さすがに1時間半前到着となると、ホーム寄りのSA自由席は埋まっちゃうもので(;´∀`)
結局、アウェー寄りの席から観戦|д・)

○この日のフォーメーションは、4-3-2-1っぽい感じ。GKの櫛野、DFの青木良太・池田・ボスナー・坂本はガンバ戦と同じ顔ぶれ。MFは下がり目に下村・中後アレックス、その前に谷澤と米倉。谷澤が左、米倉が右に寄ってた感じ。そして前線には巻。守備時には中村憲にアレックス、ヴィトール・ジュニオールに中後、チョン・テセにボスナー、ジュニーニョに下村(or池田?)がマンマーク気味に張り付く。
○前半はマンマーク気味ディフェンスが効いたのか、川崎のボール回しにリズムが生まれず。唯一、右サイドの森の突破が怖かったくらい。対するジェフは、米倉が谷澤ばりの存在感を発揮。テクニックとフィジカルの強さを生かしてフロンターレ守備陣に囲まれながらもボールを前へ運ぶ。効果的なパスやシュートも見せる。ルーズボールの競り合いも互角の内容。前半、最も輝いていたかなと。(開始直後の谷澤のループもさすがでしたが)
○後半、フロンターレのミドルシュートが目立つ。クリアしたボールもフロンターレにほとんど競り負け防戦一方になるジェフ。ジュニーニョに決められた同点ゴールも”狙いすませた”感じのミドルシュート。同じ形を3度ほどやられてただけに余裕をもたれてしまったかと。その後もフロンターレの攻勢は続き、もはやサンドバック状態のジェフ(;´∀`) 米倉に代わって和田が入ったものの、動きが無難すぎてボール奪取までに至らず。下村に代わって入った工藤は、攻撃の組み立てに絡んでチャンスメイクに貢献。ただ、守備時にルーズボールを”様子見”してしまったのはいただけないかなと(;´∀`)
○選手個々についていくつか…中後の魅せた”前方のスペースへ通すミドルパス”は見事だったなぁと。先制点のきっかけにもなってましたし…こりゃたしかに”ピルロ”やなと(o゚ω゚))コクコク 試合終盤でみせたフリーキックもいいところにいってましたし…期待できますなぁ、と。後半はスタミナ切れしたからか、判断が遅くなってた感じもありましたが…
アレックスは、主にボール奪取に力を発揮、つなぎも十分にこなす。特に前半は守備が目立っていたかなと…逆に後半、前へ飛び出す中村憲に釣られて後ろに下がるようになってからボール奪取するシーンが減ったようにも(;´∀`)
米倉…今回のような4-3-2-1の”2”だと、米倉も活き活きするもんだな~と。フィジカルが強くて技術もあって、プレッシャーを受けながらもぐいぐいドリブルで攻め入る様は輝きを放っておりました。逆に工藤だとプレッシャーを跳ね返すだけのフィジカルが…(;´∀`) 今回なら”3”の方が工藤を活かすことができるんでしょうけど…。
○あと、後半の終盤に入ってから、攻撃の組み立てのところでのケアレスミスが多かったなぁと(特にDF陣)…守り疲れした部分もあったんでしょうけど、あれじゃ(;´∀`)

ガンバ・レイソル・フロンターレ相手に勝ち点2ならまぁまぁかな~という気がします。
次は山形、続いて磐田。初勝利をとれるかどうか、ここが正念場になりそうですねぇ…。
IMG_0833.jpg

IMG_0834.jpg


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。