スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦隊ロボにミロのヴィーナスをみた、子ども時代のトラウマ

2010年01月12日 23:36

現役戦隊マニアなオカンの影響で小さい頃から戦隊モノを欠かさず観ていた私ですが、その戦隊デビュー作だった「超新星フラッシュマン」が、なかなかハードな展開だったもので(;´∀`)

悪の組織を倒したのに地球にいられない体と化してしまったために自分たちの星へ帰らざるを得なくなった戦隊ヒーロー達…という今時ありえない感じのダークな展開に、当時幼稚園児だった私もいろいろショックを受けた覚えがありまして…その代表格のひとつに”破壊される戦隊ロボ”というのがあります。

当時、なけなしのお小遣いで”テレビランド”という子供向けテレビ雑誌を買ってたのですが、ある日のテレビランドのカラーページに、片腕を敵の怪人にもぎとられた戦隊ロボの姿がありまして…。

その絵に激しくショックを受けた私は、当日の番組もろくに見れなかった覚えが(;´∀`)

そんな事をいまさらながら思い出し、テキトーにネットサーフィンしたところ当時の動画を発見。

…実際には怪人にもがれたわけではないようで。

ただ、敵を倒した後に左腕と左足がちぎれ、倒れこんだまま動かない巨大ロボの姿は…幼稚園児だった頃の私が見たら卒倒してたのかもなぁと(;´∀`)

ドラマなんかで心拍数が上がる場面に入る途端、その場から逃げたくなるクセがついたのも、きっとフラッシュキングのおかげに違いないっと。
スポンサーサイト

黄色いTシャツの番組

2009年08月30日 10:37

こーいうのは放送中に書いた方がオモロイかなと思いまして( ・∀・)アヒャ どうも、コゲチャです。

一番初めにこの番組を見たとき…確か80年代中盤、まだ幼稚園に通ってたような…に抱いた恐怖感。
水色の背景に現れる黄色いTシャツの大人たち。
くりかえし流される、いくつかの音楽
いつもならCMが入りそうなところで流れる映像…肌の黒い、裸の子どもたち…その後に現れる電話番号のテロップ。
終始淡々とした、仄暗い雰囲気といいますか…。
あの当時は、まだ真面目色が強かったからなのでしょうけど…なんか怖い、という印象が残ってまして…当時やってたフラッシュマンの怖さと共に(;´∀`)

あと記憶に残っているのは、初めての24時間マラソン間寛平が完走できずにリタイアしたシーンを見た時に何故か涙が出たことでしょうか…その時間帯、リビングのテレビがNHKだったもんで、別の部屋の小さいテレビで、ひとりでこそっとみてたような…。
その後、24時間マラソンを完走したのを見てからは大して見ることもなくなったような。


困っている人がいる、苦しんでいる人がいる、その人たちを救うにはお金がいる
このお金によって施しを受けた人は、どんな感情を抱くのだろうか
顔の知らないの誰かの好意によって「生かされている」と感じたりするのだろうか
少なからず「施しをもらうのは当然」とは思えない気がするもので

こうする事によってそーいう人たちをペット扱いしてないかな?
…と思わないでもないような(;´∀`)



真面目色が強かった頃の音楽をみつけまして。
そうそうこれこれ、と思いながら聞くうちに…何気にめっちゃいい曲やな、と今更ながらΣ(´∀`;)
いかにも英語っぽい日本語って感じのコーラスも素敵ですが…80年代の音楽って感じでいいなぁ、と( ´ー`)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。