スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初瑞穂運動場、初ACL

2011年04月08日 07:12

CA3I0052.jpg

名古屋に引っ越してからやっとの初エントリ。コゲチャです。
日曜に着たばかりでまだ一週間も経ってませんが、でっかい町に来たなぁ~という印象です。
十階建て以上のマンションがずらっと立ち並び、ちょいと歩けばナゴヤドーム、地下鉄がピーク時に2分おき、網が細かすぎてどこへ行くんだか分からないバス、何気に多い寺、そして坂…福井のコンパクトな感じが懐かしく。
自転車買ったらあちこち出かけたいものです。

水曜に瑞穂運動場グランパスの試合があると聞き、職場を出てから地下鉄に乗って運動場へ~(┌  ┌  ┌  ´Д`)┘瑞穂運動場西という駅からしばらく一本道を歩いて、試合開始30分前に到着。
ホームのゴール裏はぎゅうぎゅう、私が座ったバックスタンドは7割くらい、メインは↑の写真くらい、アウェーのゴール裏は数人のFCソウルサポ。かつて千葉マリンでみた二軍の楽天戦での楽天ファンって感じ。

さて、試合の方は…緒戦を落としているグランパス的には勝ち点3が欲しい試合だったろうけど、両者を見ると順当なところかな、という感じに。以降箇条書き。
グランパス…守備時は4-4のブロックを作ってて、攻撃時は横長というか、前目の逆サイドに誰か一人がいる感じ。そこに永井だったり金崎だったり。自陣でボールをまわすときは一人飛ばす感じのサイドパスが主で、それがよく通るΣ(´∀`;) ちょうどいい長さのパスが走り、それをちゃんと受ける…かつてみたジェフと比べちゃいかんわなと思いつつ。あーいうパスをまわすのにも訓練がいるんやなと思ったとか何とか。
・前半はグランパスがよくボールを持ってたけどラストパスって所まではなかなかいかず…ケネディ目掛けてのクロスというより外から中に入ってのミドルシュートって感じ。相手のFCソウルは短いパスをテンポよくつないで右サイドからクロスを上げるも名古屋CBの跳ね返される感じで。
・そんな中、FCソウルのコーナーキックからのカウンターがゴールに。自陣からのロングパスを相手と競り合いながらトラップした永井が、そのままゴール前へ突進し、GKとの1対1を落ち着いて決める…オーウェンかっΣ(´∀`;) この一点のみで前半終了。
・後半はFCソウルのプレースピードが上がった感じで、それに徐々について来れなくなるグランパスって感じに(;´∀`) ルーズボールもFCソウルに取られてボールを支配されるようになり…それでも闘莉王・薩川のCBが跳ね返し続けてたのですが、右サイドから止めようもないミドルシュートが突き刺さりまして(;´∀`) これで1-1
・同点にされてから攻めにシフトするグランパス…永井が前に切り込んだり、次第にケネディへのロングボール、しまいには闘莉王が前に残ってのロングボールと前に圧力をかけるものの、わずかにタイミングが合わず、1-1でタイムアップ。
・前半は自分達のペースで運べてたものの、後半は相手のテンポアップに頭がついてこれなくなってて…ブランク明けの影響かなと思ったり。それにしても永井はすごかった…

CA3I0056.jpg
スポンサーサイト

日はまた昇る

2010年06月25日 06:25

IMG_1155.jpg

あ~た~らし~ぃ~あ~さがきた♪ きぼ~ぉの~あ~さ~だ♪

よ~ろこ~びにむねをひ~らけ♪ あ~おぞ~らあ~お~げ~♪



試合が始まる前まで、お通夜みたいな朝を迎えるんだろなぁ…などど思ってたものですが、

我らが代表は本気のデンマーク相手に3点も決めて、勝ち上がったようです。

日はまた昇りはじめたのかもしれませんなぁ…。

トラックバックテーマ 第955回「写真は撮るほう?写るほう?」

2010年05月09日 00:18

IMG_0571_20100509000511.jpg

撮る方か写る方か…専ら撮るほうですねぇ、最近は。

デジカメ買ったのは社会人になってからで、しかも仕事の都合で買っただけではありましたが、で暮らすようになってからいろいろ撮るようになったかなと。

あおいちょう
こんなのとか、

献花
こんなのとか、

いたち一匹
こんなのとか。

ただ、人は撮らないですけどね( ・∀・)アヒャ

サッカーや野球の写真は撮っても人は撮らないというか…むしろ撮れないというか、そんな感じ。

サッカーや野球の写真…もっと決定的な場面といいますか、「ここで流れが変わった」的な瞬間を収めてみたい、という欲が徐々に湧いてきてるとこなのですが、大抵見逃してしまうもので(;´∀`) 流れを読む力というか動物的嗅覚を頼りにカメラ構えるしかないよなぁ、と思いつつ…。



写る方は、表情が作れないもので苦手です(;´∀`)

こんにちは!トラックバックテーマ担当の吉久です!今日のテーマは「写真は撮るほう?写るほう?」です。連休中、旅行などされて、カメラを持っていった方も多いと思うのですが、あなたは、写真は撮るほうですか?それとも写るほうですか?吉久も旅行先にはカメラを持っていくのですが、もって行き、撮影してもぶれていた...
トラックバックテーマ 第955回「写真は撮るほう?写るほう?」

余裕の貯蓄

2010年03月11日 10:38

早くて正確な作業は、目標の達成にあたり二つの余裕を生むことにつながる。

ひとつは、早い事による時間的な余裕

もうひとつは、正確な事によるコンテンツの完成度に与える余裕

もうひとつの部分をサッカーのパスに例えると、パスの受け手と相手との距離的な余裕(物理的かつ心理的)って感じ。


余裕を失うとミスが生じやすくなる。

時間がなくなると、それだけ考慮すべき事項に頭が回らなくなるし、

そこに加えコンテンツに穴が多いと、それを一通り埋める事に頭が回りがちになるし。


追いつめられたときに”遅れない事”と”コンテンツの出来上がり”との二者択一を迫られたり…

「穴が多くてもしかたないから時間通りに出してしまおう。(出した後で埋め合わせればいい)」

もしくは

「遅れても仕方ないから埋められる穴は全て埋めてしまおう。(遅れたことへのお詫びもいるけど)」

のどちらかって感じで。

どっちをとるか、という事は事前に考えておくんだろうけど…これもまた余裕につながるのかな。


早くて正確な作業の連続は、二つの余裕を貯蓄させることにつながる。

この貯蓄を”多大な集中力を要する作業”や”単純ながら量が多い作業”に分配する事もできる。

サッカーだと、それを”ゴール前の落ち着き”に変換する事も出来そうな。

悠々とシュートを放ってゴールを決めているように見えるシーンには、

シュートを放つ時点までにそれだけの余裕を保っていたことも意味していると思う。

それは選手の技量と共に組織としての動きの質も絡むわけだけど。


ゾーンディフェンンスって、攻め手の余裕を奪う事を主眼に置いた守り方だよなぁ…というのを、傍目にマンUの4-4ラインを観ながら思ったといいますか。

それにしてもマンUツェエェエ━━(艸゚Д゚*)━━ェエ

意見のごった煮を楽しむのもまたtwitterの嗜み方の一つ?

2010年02月16日 10:50

例えば、先日終わったサッカーの東アジア選手権。

新星:岩渕真菜のフル代表デビューなど前途洋々な印象だった女子に対し、それなりに時間をかけてつくったサッカーがアジアの強国を崩すに至らず、目先のワールドカップに向けて前途暗々な印象だった男子。

前途暗々な印象が、男子に対する熱烈な罵声や意見をtweetとして噴出させる。

このままの流れでワールドカップを迎えるのがベストかどうか…岡田ジャパンのままがベスト?ヒディングあたり招聘して急造チームを作った方がベスト?

FIFAランキングで出場国の中では下から数えた方が早い日本が、この大会をどういう姿勢で臨むべきか…「自分たちのサッカー」がどれだけ通じるかを試す?卑怯な手に出てでも格上相手に勝つ事に徹する?

自分たちがみたい日本代表の姿って…結果が出なくても面白さを追求するサッカー?つまらなくても結果を追求するサッカー

試合中は試合そのものに対して言葉を吐き出して、

試合後は試合の解釈や今後のあるべき方向性について言葉を吐き出しては交わらせ…

いろんなサッカー有識者が@付きで言葉を交わらせ、その@を辿るとまた別の人とも言葉を交わらせ…

オモシロイ発言の人をフォローするうち、あの日だけで20近くフォローする人が増えたような。

そんなこんなで、今のタイムラインはサッカー色が強くなってきたような…これはこれでオモシロいけど、別の分野も収拾できるとより「ごった煮」な感じがしてオモシロくなるのかな…他のスポーツでもいいし、芸術の分野でもいいし、北陸の事でもいいし。

とりあえず言えるのは、試合中にtwitterをチラ見するのはそれだけでも楽しめるってことかなと((φ(・д・。)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。