スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せかい

2010年01月21日 19:06

私の中の「世界」という言葉の定義のひとつに、「自分の肉体から外側にあるものすべて」というのがありまして。



外側で飛び交っている多種多様な波やら物体やらの存在を、自分の肉体(目や鼻や耳、口や皮膚)から受信して、それを基に「世界」を認識する。

カメラは目を、マイクは耳を、自分の手の届かないところにまで広げていった。これらの存在がなかったら、生まれて一度も行ったことのないハイチという国での地震を認識する事はなかっただろう。

逆をいえば、もしカメラマイク存在を知らなかったとしたら、その人にとっての世界は「自分の手の届くところすべて」ってことになるんだろう。



世界」を認識するという事は、同時に「世界」をあたまのなかで構築する事でもあると思う。

日々刻々の状態を受信し、それらの情報を並べる事で過去からの変化を認識する。

ちょっと前まで野党だったのが、今では与党に変化している。

ちょっと前まで社会主義だったのが、今では民主主義に変化している。

ちょっと前までJ1だったのが、今ではJ2に変化している。

それらの変化を認識するたび、「世界」はあたまのなかで再構築される。



私の体は「世界」とやりとりする事で生命活動を維持している。

もし「世界」が変化したことで、今までのやりかたでは生命活動を維持する事ができなくなったとしたら、

その変化した「世界」でのやりかたを模索する事になるんだろう、その「世界」でも生きていたいと思った場合は。



今はそんな事なんて思いもしないのですが、もし「この世界を守りたい」なんて言葉を口走ったとしたら、

ここでいう「世界」が「地球上にあるものすべて」ってことになるのか、「自分の手に届くものすべて」ってことになるのか…

守りたいと思う存在が自分の手の届くところにあるとするなら、間違いなく後者なんでしょうけど。
スポンサーサイト

筆者の立ち位置は、書きたいものによって定まる

2009年11月02日 21:18

たとえば、自分の知識を伝えたい場合は、筆者の立ち位置は「先生」のポジションになりそうな気がする。先生が生徒にモノを教えるみたいな書きぶりで…。

たとえば、自分の悩みを打ち明けたい場合は、筆者の立ち位置は「クライアント」のポジションになりそうな気がする。クライアントがカウンセラーの先生に聞いてもらうような書きぶりで…。

たとえば、人の悪口を言いたい場合は、筆者の立ち位置は「被害者」もしくは「神様」みたいなポジションになりそうな気がする。前者の場合は「彼のせいで僕の残業が増えるんだよね」といかに自分が割を食っているかをアピールするような書きぶりで、後者の場合は「彼のような存在は、この世ではただ毒でしかない」とすべての人類を敵に回してるんですよ的なアピールをするような書きぶりで…。

先生と名乗るほどの知識もなく、カウンセラーの先生に聞いてもらう必要があるほどの悩みもなく、特に悪口を言うほどに恨みがあるわけでもなく…ただ、いろんなものに触れるうちに頭の中にでてきたものを備忘録的な書きぶりで残しているような人間、要するに私の場合、立ち位置としては…「ひとりごと」ってとこでしょうかね(;´∀`)

闘う場と観る場の違い

2009年04月25日 09:30

チームの勝利をただひたすらに願い、勝利のためにやれる事ならすべてやる…ってのが”闘う場”のイメージ、一方でどっちのチームにも肩入れせずに試合の流れを観察し、両軍のファインプレーに対して拍手を送る”観る場”としてのイメージ。

ロッテジェフの試合については、ほぼ”闘う場”イメージで見てしまう傾向があるもので(;´∀`)
一方、バルセロナやリバプールの試合なんかは”観る場”イメージで見てる感じで…。

ただ、テイクアクションとかいうエキシビジョンマッチについては、”観る場”としての楽しみどころがつかみづらいもので(;´∀`)
人がたくさん入ってるようですが、何を観にきたのか、ちょっと聞いてみたいようにも…。
個々の選手のテクニックに酔いたいのでしょうかね…それはそれで一つの方向性ですけど。


そんなこんなで、これから大雨のフクアリで闘ってこようかと( ・∀・)アヒャ

終戦記念日in2008

2008年12月29日 14:15

 西武のKYっぷりには脱帽です。どうも、コゲチャです。

 正念場は金曜だろうと思い、フツーに仕事をこなしながらふとスポーツ速報をみていると…2回に7失点Σ(´∀`;)

 こりゃ早まったかな…と、仕事を切り上げ千葉マリンへ(((ヾ(●´Д`)ノ

 ついた頃には7回裏、スコアは5-9。

 ただひたすらに逆転を信じて叫び続けたのですが…


20081001

 選手には1ミリタールも届いていなかったようです。

 最後の打者、ズレータの空振りも無様そのものでした。

 ツヨシが足の痛みを抑えてセーフティバントで出塁し、3塁まで進んだのに、返せませんでした…

 すべては選手の力不足であり、こちらの力不足であり…



 所詮、日ハムやらオリックスやらへほいほい白星をプレゼントしていた西武すら倒せないほどの雑魚だったわけです。

 今日負けたから終戦だったのでなく、今季通してあの体たらくだったから終戦を迎えたのです。

 まぁ、最下位からよくあがってきたもんだと思いますけど…



 いい試合じゃ意味がない、勝てなければ意味がない、

 勝たせてやれるほどこちらの力が足りていなかったから負けたのだ。

 勝たせてやれない応援に意味などない。



 もう、ロッテのいないプレーオフなんて興味が持てません。





これを書いたのは2008年10月。
ロッテのプレーオフ進出の可能性が消えた日、急遽仕事場から向かったのもあり千葉マリンに着いたのは7回裏(;・∀・)
何度も叫んだ「ミラクルマリンズ」、試合が終わった後の静寂…
感情がまったく冷え切らない時に書いただけあって、勘違いもはなはだしい箇所がいくつも(;・∀・)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。